ハーメルン
【完結】まちカドまぞく/陽夏木ミカン攻略RTA
ハミ出せ!まちカドまぞく ~企業戦略(ホワイトデー)編Ⅱ~


「──食べ放題店から帰って来た相手に言うことかはわからないが……ホワイトデーのチョコがあるけど食べる?」

「……楓くん。甘いものは別腹なのよ」
「オレは幾らでもイケるゾ!」
「さいですか」

 喋りながら歩いていると、途中からミカンが楓の腕に自分の腕を絡ませる。
 雪が降る寒空の下、少女たちと少年は──互いの熱を求めるように手を繋いで指を絡めた。

 ──後日、体重計を前にした少女の悲鳴が木霊するのは別の話である。

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析