ハーメルン
終わり往く者
人と獣、それから。

怨嗟と絶望の中で、光を目指し一心不乱に駆け抜ける。それはきっと、誰もが眩しく思うだろう。


しかし忘れる無かれ、「見たこともないものを追い続けられる」のは狂人の所業に他ならないのだと。



始まります
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析