ハーメルン
徒然なる方舟のままに
Castling (オリキャラ)

.


 蘭々と照明が照らすどこかの医療室の一つ、手術台の上には一人の男が手術衣姿で横たえていた。
 その手術台を挟むように、全身黒色の衣装を纏い側頭部に角を生やした女性と白い白衣の上に黒いコートを着ている男性が立っている。
 手術台の上の男が起きるのを待っているのだろうが、この部屋の中で異質なのは二人の男の顔が同じなのだ。似ているという次元を通り越して瓜二つなのである。

「眩しい...」
「起きたか、体調はどうだ?違和感はないか?」
「Dr.、いえ大丈夫です」

 起きたばかりの目に照明の光が入り、眉間を険しくさせながら男がゆっくりと手術台から立ち上がった。
 ふらつく事もなく、しっかりとした足取りで床を踏み締めるとヒヤリとした冷たさが足元から駆け上がった。
 冷たさはそのまま背筋を通り、男は身震いすると直ぐ横に置いてあったスリッパを履いた。

「手術は成功のようだな」

 Dr.と呼ばれた男性が手鏡を差し出しつつ言った。
 手術台から立ち上がった男性は、適度体を動かしながら鏡を見つつ自身の顔を確認し触りだす。

「不思議な感じです。自分なのにDr.の顔になっているなんて」

 ぺたぺたと触り、右へ左へ顔の角度を変えつつ鏡に映った不思議な顔をした自分を見つめる。

「本当に良かったのか...」

 低い声で悔恨を滲ませつつDr.が問いかけるが、男は朗らかに笑いながら受け流した。

「今更ですよDr.、後悔もしていませんしむしろ嬉しいぐらいです」
「...嬉しい?」
「ええ、これで漸くDr.に恩を返せるのですから」
「今までのお前の活躍で十分返して貰っているさ。だが、ありがとう」

 浮かない顔と晴れやかな顔、対照的な二人はお互いを称えるように抱擁した。浮かない顔の男は背を数度叩き、晴れやかな顔の男はしっかり抱きしめた。

「でもDr.良かったんですか、アーミヤちゃんやケルシーさんに何も言わずに」

 抱擁を解き、Dr.に問いかける。

「ああ、知っている人物は少ない方がいいからな」

 男としては、家族のように思っている二人には事情を伝えるべきだと思うのだが、覚悟を決めた顔で返答するDr.に何も言えなくなってしまう。
 固い表情になった男に気づいたDr.は、表情を緩める。孤児だった男を保護した時は、周りに警戒心むき出しだったあの男が、と。

「特にアーミヤは繊細だ、教えても背負い込んでしまう。ケルシーは聡い、恐らく何かをしようとしているぐらいは気づいているだろうな」

 男に注意しつつも、Dr.の胸のうちは穏やかであった。心根が優しく、これからすることがあったとしても家族同然のロドスを任せられると。
 労わる様に肩を叩きつつ、注意事項を挙げていった。

「ケルシーはまぁ大丈夫だろう。だがスカジとレッドには気をつけろ。勘と臭いに鋭いからな」
「ええ、よく分かります。特にレッドの嗅覚には助けられましたから。といっても、ですが」
「最後になる語り合いなんだ、細かいことは気にするな」

 苦笑しつつ業務事項であっても、Dr.との語り合いに花を咲かせる。

 Dr.に拾われた事、お互いギクシャクしつつも距離を縮めようと頑張った事、新天地のロドスで一悶着あった事などなど、今までのことを思い返すように。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析