ハーメルン
理想の聖女? 残念、偽聖女でした!(旧題:偽聖女クソオブザイヤー)
第十四話 加速する誤解

 何故かエテルナに怖がられて逃げられました。意味が分かりません。
 いやうん、マジで分からん。どういう事なの?
 俺は本編エルリーゼと違って嫌がらせとかしてないはずだし、むしろファラさんに誘拐された時は救助だってした。
 これで好感度が上がりはすれど、下がる理由が分からない。
 可能性としては一応、ある程度いくつかは思い付く。
 例えば俺のギラついた性欲MAXな視線に気付き、『やだこいつ気持ち悪い!』と思って逃げたのかもしれない。
 俺は一応聖女ロールでガワを取り繕っているが、所詮は演技だ。本性が漏れ出ていた可能性はある。
 だがあの怯え方はそれとは違うような気がする。
 生理的嫌悪感というよりは、自分が害される事を恐れているような怯え方だった。
 エテルナがああいう反応をするイベントは…………あるな。

 このゲームのラスボスは選んだヒロインによって多少変わる。大体魔女かエテルナのどちらかがラスボスなんだが、エテルナがラスボスになるルートでは場合によっては魔女と戦う事すらなく魔女は死ぬ。
 その理由が、ベルネルのいない所でエテルナが大勢の騎士と共に魔女を倒してしまうというものなのだが、このルートに入ってからエテルナと話すとあのような反応を見せる。
 だがそれはずっと先の事で、今見せる反応ではない。
 そもそも魔女はまだ生きている。
 ……まさか俺の知らないところで既にエテルナが魔女を倒してた?
 いやいや、ねーわ。てゆーか無理。
 確かにエテルナはゲームでもベルネル抜きで魔女を倒す事があるが、それは十分に物語が進んだ後半の事だし、何よりその時彼女は大勢の肉盾(騎士)に守られて戦い、その戦いで騎士の大半が死ぬ。
 ついでにルートと選択肢次第ではここでレイラも死ぬ。
 それにこのイベントはエテルナのレベルが40以上でないと発生しない。
 つまりエテルナが十分にレベルを上げた上で肉盾を連れて行って、ようやく勝てるわけだ。
 今のエテルナが単騎で勝てるわけがない。挑んでも返り討ちに遭って死んで終わりだ。

 何故エテルナがそのルートで怯えを見せるのか。
 その理由は……あー、これ言っちゃっていいかな? ネタバレなんだけど。
 まあいいわ。隠す事でもないしゲロったろ。
 結論から言えば聖女=魔女なんだわ。
 聖女と魔女に違いなんかない。同じものなんだ。
 だから聖女と魔女は特徴が一致するし、自分の力でもダメージを受ける。
 ベルネルの闇パワーが魔女に効くのも、その闇パワーが聖女パワーと同じものだからである。
 で、聖女が魔女を倒すと、魔女の中の怨念的な何かが移り、魔女を倒した聖女が次の魔女になる。
 この怨念パワーが何なのかは公式でも判明していないが、初代魔女の魂という説が有力である。
 正確に言えば魔女の怨念は『自分を倒した奴』に移るが、魔女を倒せるのなど聖女くらいしかいないので、実質聖女一択だ。
 だからエテルナが魔女を倒したルートではエテルナが魔女になるし、ラスボス化してしまう。
 今代の魔女も、実はエテルナの前の聖女の成れの果てだ。
 だから『魔女を倒した聖女は死ぬ』は間違いだ。
 真実は、『魔女を倒した聖女は身を隠し、真実の隠蔽を図る一部の王族によって死んだと報じられる』。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析