ハーメルン
理想の聖女? 残念、偽聖女でした!(旧題:偽聖女クソオブザイヤー)
第十六話 アイキャンフライ

 理解不能! 理解不能! 理解不能! 理解不能!

 さて、意味の分からない展開になって参りました。
 エテルナのまさかの『私は魔女』発言に、流石の俺もただポカンとするしかない。
 何がどうしてそんな、加速トンネルを抜けた直後に後続の車にスピンアタックされてコース外に吹っ飛ばされたようなアクロバット結論コースアウトを決めたのか分からない。
 まず大前提として聖女と魔女が同年代は絶対にあり得ない。
 聖女の誕生は『先代聖女の死』か『先代聖女の魔女化』を世界が感知してから発生するものだから、それこそ先代聖女が0歳のベイビーの時に前の魔女を倒して、そのまま即闇落ちとかしていない限りは同年代にはならないのだ。
 そんな裏事情は流石に知らなくても、『聖女の誕生は魔女の出現後』という事くらいは学園で配られる教科書に書かれているのでちょっと読めば分かるはず。
 (ちなみに教科書は生徒全員分あるものの、現代のように一人一人新しく配られるのではなく貸出という形で、学年が上がれば次の入学生に渡される使い回し形式だ。なので結構汚い)
 加えて当代の魔女は俺がこの世界で自意識を持ったばかりの子供の頃……つまりはエテルナが子供の頃からあちこちで魔物を生産していたし、悪事も働いていた。
 いかにエテルナの育った村が小さな村とはいえ、魔女の恐ろしさくらいは人伝に伝わっていたはずだろう。
 自分が子供の頃から恐怖を振りまいていた魔女が別にいるという大前提があるはずなのだから、この勘違いはあり得ない。
 しかしたとえ勘違いでもその発言はやばい。
 嘘とか本当とか関係なしに、魔女が世界共通の敵であるこの世界での魔女自白は、その場で斬り殺されても文句を言えない大失言だ。

「魔女だと……!? エルリーゼ様、お下がりを」
「エテルナ君。その発言は……まずあり得ない事だが、冗談じゃ済まないよ」

 ほらあ! レイラと変態クソ眼鏡が戦闘モード入っちゃったじゃん!
 俺は咄嗟に二人の前に出て手で制し、エテルナを見る。
 こちらに向けられる彼女の目には恐怖しかない。
 全く何でこうなるかね……。

「待ってエテルナさん! 貴女が魔女なんて……そんなわけないでしょう!?」
「そうだ! 第一君も僕等と一緒にファラ先生に捕まったじゃないか! それどころか殺される寸前だった!」
 
 フィオラとモブAが必死にエテルナを説得しようとしている。
 彼等の言葉はもっともだ。
 冷静に考えればエテルナが魔女など絶対にないと誰でも分かる。
 だがそんな二人の前でエテルナはナイフを取り出し、強く握りしめた。
 血は……出ない。
 その光景を見て全員が固まった。

「私は、昔から怪我をした事がない」

 そう淡々とエテルナが語る。
 あー、こりゃマジでやばいな。
 エテルナの『私は魔女』発言の信憑性が増してしまった。
 実際は逆なのだが、少なくともここにいる皆の中では『まさか』という疑惑が芽生えたのは間違いないだろう。
 以前に俺は、聖女は自傷ならダメージを負うと言ったが……自傷にもダメージを負うやり方と、負わないやり方がある。
 聖女が自分で自分を傷付ける事が出来るのは、聖女の力が聖女自身に効くからだ。
 逆に言えば聖女の力が乗らないやり方ならば傷は受けない。
 例えば今のナイフの場合、右手で持ったナイフで左手を切り付けるならばそれは傷になる。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析