ハーメルン
理想の聖女? 残念、偽聖女でした!(旧題:偽聖女クソオブザイヤー)
第十九話 共犯

 存分に魔物をサンドバッグにしてストレスを発散した俺は、コソコソと隠れるように学園内を歩いていた。
 ここから俺はレイラに見付からないように自室に戻り、ずっとそこにいましたよと取り繕う必要がある。
 護衛役であるレイラに一言の相談もなしに外でヒャッハーしてたなんて知られたら、またガミガミ言われるに決まってるからな。
 俺は他人に的外れなSEKKYOUするのは好きだが、自分が正論で説教されるのは大嫌いなんだ。
 マウントを一方的に取りたいんだよ。
 オレは上! きさまは下だ!!

「エルリーゼ様……?」

 ファッ!? 見付かったあ!?
 ままま待て、スットコ! まずは落ち着いて話し合おう。
 俺は別に外に出てヒャッハーしていたわけではない。
 ただちょっと散歩をしていただけだ。
 ……と、慌てて振り返ったが、そこにいたのはレイラではなくベルネルであった。
 何だお前か。驚かせるなよ。

「何をしているんですか? まるで誰かから隠れるように……もしかしてレイラさんですか?」

 はい図星です。
 くそ、こいつ案外鋭いな?
 というかこいつこそ何でこの時間に学園内をウロついてるんだ。今は日が沈みかけていて、何より夏季休暇中だぞ。
 俺の場合は自室が女子寮じゃなくて学園内にあるからやむを得ない。
 この学園は五階建てなのだが、五階部分は主に来客……まあ王族とかが来た時の為に用意された豪華な居住空間になっていて、普段は使われていない。
 俺としては別に、そんな所じゃなくて普通に女子寮でいいと言ったし、むしろ女子寮に行きたかったのだが、それは駄目だとゲスト部屋を自室に強制決定されてしまった。
 護衛であるレイラは基本的にドアの前でスタンバイしており、部屋の中までは入らない。
 (護衛が休む為の詰所も外にある)
 というかずっとそこに立ってなくていいぞマジで。もっとその辺散歩したり外に行って食べ歩きしたりしてこい。
 もういい‥‥休め‥‥休め‥‥っ!
 俺はそのレイラの目を盗み、何とか部屋に戻らなくてはならない。
 出る時は簡単だった。
 レイラだって人間だ。ずっと同じ場所に立っている事は出来ない。
 具体的に言えばどうしても仮眠を取る時間がある。
 学園までついてきた護衛はレイラ一人だけで、後はレイラが仮眠を取っている時だけ代理で学園から選ばれた成績優秀な騎士候補生が数人見張りにつく。
 ちなみに護衛は本当はもっと多くの近衛騎士が付いて来るはずだったが、俺が強権発動で止めさせた。
 騎士っていうのはこの世界では貴重な戦力で、それを俺一人の為に学園に数人連れて行くのは人材の無駄でしかない。
 原作でもエルリーゼ(真)が無駄に自分の護衛として騎士をゾロゾロと連れてきたせいで、色々な場所の守りが手薄になっていたらしい。
 そもそも俺に護衛自体がいらないし、しかもここは騎士を育てる学園なのだから候補生とはいえ全員が戦闘要員だ。ハッキリ言って城より安全まである。
 それでもレイラだけは断固として聞かずについてきたのだが……まあ一人でずっと護衛をするのは無理なので、レイラが仮眠をとって代理の候補生が見張りをしている時間というものが必ず出来るわけだ。

 なので俺はレイラが仮眠を取っている時間を見計らって脱走をした。
 勿論前述の通りに見張りはいるが、レイラに比べればザルだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析