ハーメルン
ヘイ!タクシー!
始まりは案外突然に06

「・・・以上が今回の議題だ。いつもより早く出社してもらって申し訳ない」

誰も喋らない会議室の中で、スーツ姿の男女が書類をめくる音だけがパラパラと乾いた音を立てていた
それぞれが真剣に書類に目を通し、納得する者、落胆する者、反応は人それぞれだった

「美城専務、これは全て事実なのですか?」

その中、一人が立ち上がり問い掛ける
美城専務と呼ばれたその女性は

「そうだ。報道以上の資料はこちらにもない。どうアイドル達に伝えるかは各々に任せる」

と、感情を込めずまるでそのまま文章を読み上げるようなトーンで冷淡に答える
立ち上がった男は、はいと一つ返事を返しそのまま椅子に座った

「これで緊急会議を終了する。早く出社した分は今日の残業時間につけていい、では私は失礼する」

そう言うと美城専務は自分の資料をまとめ、足早に会議室を後にする
会議室の扉を閉める直前に、中でどよめきが広がる声が聞こえた

「・・・はぁ」

自分の部屋に戻り、デスクに着いたときに最初に発したのは溜息だった
まさか、こんなことが起こっていたとはと自分の不覚に嘆く
そんな時、部屋の扉がノックされた

「・・・どうぞ」
「失礼するよ」

返事を返すと扉がゆっくりと開き、今西部長がいつもと同じ柔らかい笑顔を専務に向けて部屋へと入ってくる

「・・・おはようございます。聞きたいことが山ほど」
「おお、おはようおはよう。えぇ、私も伝えたいことがあって来たんだ。何、大丈夫だよ。年寄りは朝に強いからね」

あっはっはと小さく笑いを浮かべると、中央にある応接用の椅子に座る
専務は二人分のコーヒーを壁際のコーヒーメーカーで入れ、今西部長に差し出す
ありがとうとそれを受け取ると、専務も自分のデスクに着いた

「では、本題に。この事件を告発したのは今西部長だと伺っているのですが」
「ああ、そうだよ。ちょうどテレビ局にいて良かった」

今西部長は内ポケットから、例のボイスレコーダーを取り出し目の前のテーブルに置く

「友人の部下から預かった物だ。今回名前が上がった者以外にも、被害を受けた者は少なくないようだ。まったく嘆かわしい」
「ええ、だから今回の決定を下したのです」

美城専務が通達したのは、今回の騒動の元であるテレビ局とは一切手を切るという異例のものだった
346のアイドルを多く起用していたため、これにはアイドル部門のみならず、他の部署からも驚きの声が上がる

「シンデレラには相応しい舞台を。そこがあまりにも曇っていては光を浴びることはできない。何より・・・」

手元にあるアイドル部門の人員の一覧表に目を向ける

「彼女達や、彼女達のご両親に顔向けが出来なくなる」

コーヒーを一口飲み、また溜息をついた

「君も変わったね。強引に付き合いを続けると思っていたが」
「大事なのはアイドル達。そして彼女達の気持ちを尊重すること。それを私はここに来て学んだつもりです。大事なのは目先の利益ではなく、これからの未来。あなたからもその志を学んだつもりなのですが」
「ふっふっふ、そうだったかな。でも、気が短いのは相変わらずだね。昨日の今日で決定とは」
「時計の針は、待ってはくれません。まだ見ぬシンデレラにも思いを馳せようと思ったまでです。ところで・・・」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析