ハーメルン
毛玉さん今日もふわふわと
前夜

「おー、ついに完成しましたね。よくできたんじゃないですか?」
「よくできた………?いや、これ、豆腐………」
「いいですか?この世にある家なんて、ほぼほぼ豆腐がちょっと出っぱってたり上になんか乗ってたりするんです、豆腐こそ原点なんです」
「そーなのかー………いや、でもこれ紛れもなく豆腐だよね、出っぱってもないし何か乗っかってるわけでもないし、純粋なる豆腐だよね」
「いいじゃないですか、豆腐、私は好きですよ」
「違う、そうじゃない」

だってこれ………豆腐じゃん。
いやこれ………100%豆腐じゃん、私は揚げ豆腐が好きです。

「なんなんですか不満そうですね………じゃあ煙突つけたらどうです?何気につけ忘れてますし」
「あ、ほんとだ、忘れてる。いやでもそれ、結局豆腐にきゅうりが刺さっただけじゃない?」
「もーうるさいですねぇ、内装は良いじゃないですか」

内装は、ないそうですけど。
うんまぁ、台所とか洗面所とか、将来的につけようとか思ってスペース開けてるから内装はないんだけどね。

「はぁー、ここまで何日くらいでした?結構ずっとやってましたよね」
「あぁ、多分二、三週間くらい?まぁこの豆腐なんだからそんなものだと思ってたけどね」
「じゃああたしももう帰るってことですね………ひぃ、またあたしを誰かに踏みつけられて無惨なことになった虫みたいに見てくるんだぁ」
「逆にそれどんな目だよ」
「よぉ、終わったんだな」
「ぴぎゃ」

背後から突然声がした。
振り向くと柊木さんがいて、これまた悪い目つきで豆腐ハウスを見つめていた。
気配消すのうまいっすねぇ、さすがは妖怪の山の警護を担っている白狼天狗、することがアサシン。

「そろそろ終わると思ったから、そこの河童持ち帰りに来た」
「柊木さん、女の子を持ち帰るとか意外にプレイボーイねぇ」
「なんの話だよ」

確かに柊木さん、目つきどうにかしたらモテる、気がする、だけだよ。

「るり、迎えが来たぞ、よかったな」
「………」
「おーい、聞いてますかぁ、大丈夫で——な!?」
「おい、どうかしたのか、大丈夫か」
「気絶している………立ったまま………」
「なんで!?」
「まぁちょうどいいや、この生きるしかばねもって帰りなよ、その方が楽でしょ、ひいひい言わなくてすむじゃない」

気絶してるやつの肩を持って霊力を流し込み浮かせる。
人一人分だったらこのくらいでも足りるだろう。

「ほら、行きなよ」
「お、おう………あれ、軽いな」

何回か持ち直して浮いていることに気付いたらしいけど、深く考えるのをやめて帰っていった。
今回はため息しなかったなぁ。
もしかしてあれ、後ろから突然声がしたから気絶したの?弱すぎ。




「ここがあたいの城か!」
「ちげーよ、私の城だよ」
「そーなのかー」
「城とは到底呼べない気がしますけど………まぁ立派なんじゃないですか?」
「あぁ、大ちゃんの心遣いが辛い」

せっかく家できたので、大ちゃんを呼んだらチルノとルーミアがくっついてきた、なんでやルーミア関係ないやろ。

「人肉があると聞いて来たのだー」
「無いわ、そんな恐ろしいもんないわ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析