ハーメルン
毛玉さん今日もふわふわと
毛玉とふらわぁますたぁ



あー………
こ・こ・は・ど・こ

おっす私毛玉。
妖精二人の子分になって5日たったそんな日、強風にさらわれどこか遠くへと流されました。
いやぁ、動けると言っても馬力は全然ないらしいね、ちょっとした風でもすぐ変な方向に飛んでいくから危ないとは思ってたんだけどなぁ、見事にどこか遠くへ流されちゃったよHAHAHA。

霊力を使い、上空へと浮かび上がって周囲を見渡す。
この霊力と呼ばれているもの、すんごい便利。どれくらい便利かというと昭和の人にスマホを与えたぐらい便利。
自分の中の霊力というものを認識できるようになったのはつい先日。

霊力はどんなものかと思い、感じようとすると、自分の中にあるモヤッとしたものに気がついた。
そしてそれを感じた瞬間、チルノや大ちゃん他の妖精達の霊力も感じ取ることができるようになっていた。

いやぁ、チルノちゃんぱないね、霊力私の何倍もあるんだもん。
私の霊力が少ないだけかも知れないけれども。
私の霊力もごく僅かだけど増えている………気がする。
1日で1.00だったのが1.01くらいには増えてる気がする。
まぁ勘違いかも知れないわけで、深く考えるのはやめよう、それより今はこの状況をどうするかだな。

周囲の状況は、よくわからん緑の棒が立ちまくってる。
風で飛ばされたのは夜で、ここへ行き着いたのも夜だ。
大ちゃん達が寝ている間にちょっと音がして、外に出るともうどうしようもなくなった。
次からは気をつけます。

少し高度を上げ、緑の棒の正体を探る。

な・ん・だ・こ・こ
ひまわりがやたらと一面に咲いていらっしゃる。
確かひまわりって咲く季節夏だったよね?となると今の季節は夏になるけど………夏ならセミとかがミンミンなくよね?毛玉になってから聞いたことないんだけど………
もう少し高度を上げて遠くの方まで見れるようにする。

おっほう

さすがに地平線までひまわりでびっしりってことはないけど、それでも随分広いなぁ。
ところで私、ひまわりってじっと見てると怖くなるんだけど、こんなにいっぱいあると一周回ってどうでも良くなるね。
あと虫も無理、何が無理かって存在が。

しばらくひまわりの茎の中を、出来るだけ傷つけないように、あてもなく進んでいく。
すると、ひまわりの生えていない、ちょっとした道のようなものがあった。
茎の中は日陰だったけど、今は真昼間、太陽がめっちゃ照らしてくる。
この場所は特別日差しが強いのかな?
霊力とかいう謎物質の存在があると知った以上、もう何がなんだかわかんなくなってくる。
私の存在が現時点で一番謎だけどね。

しっかし、考えれば考えるほど変な場所だ。
いったい誰がこんなにひまわりを植えたのか、ひまわり愛好家?そりが合わなそうだぜ。
あと、所々に何かが浮かんでいるのも気になる。
なんだろこれ、球が光ってる。
私の霊力と似たようなものを感じるけど、霊力ではないことは確信できる。
大ちゃんやチルノ、他の妖精たちの霊力も見てきたけれど、そう言ったものとは本質的に違う………気がするっ!
確信は持てない、けども多分合ってる。


その道を進んでいくと、ちょっとした家があった。
割と綺麗な家、誰かいるのだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析