ハーメルン
毛玉さん今日もふわふわと
毛玉は地に墜ちる




この、物を浮かすだけの能力。
おそらく私の毛玉として浮いている状態を付与するような物だと思うんだけど………

たのちぃ

どれだけ重そうなものでも、霊力を流しさえすれば関係なしに浮かすことができる。
たとえばこの大岩。
目測で直径一メートル以上はあるんだけど、私が少し触れて霊力を流し、ちょっとぶつかるだけでふわーっとその方向へと進み続ける。
大岩に流し込まれた霊力が消費されて、重ければ重いほど消費量は多くなるんだけど、そこそこ燃費良い。
こんな大岩はともかく、石ころぐらいなら、私の霊力の半分くらいを流し込んだら半日ぐらいは浮き続けているだろう。
実際はもっと浮いてるかもしれないけどね。
それに、私がやめようと思うと、即座に浮いている状態が解除されて落下する。
その時に流し込んでた霊力は私の元へは戻らないけど、なかなか楽しい能力だ。

まぁやっぱりというか、乱用はできない。
今の私は、霊力を使って低いところを色々ぶつかりながら進んでいる。
遊びすぎて霊力を切らしてそのまままた風に流されるなんて洒落にならない。
雨も怖いから晴れた日にしか移動していない、すこしでも雨が降りそうな予感がしたら全力で雨を凌げそうな場所を探す。

え?そんなことより今どこへ向かって進んでいるのか、だって?勘に決まってるだろいい加減にしろ。
あの二人のいる場所がわかれば苦労なんてものはこの世に存在していません!

一応、方法は考えてみたんだよ?
私の霊力はあの二人からもらったもの、ならなんらかの方法であの二人を探知することはできないかな?と色々模索した結果。
なんの成果も!!得られませんでした!!私が無能なばかりにィ!ただいたずらに時間を浪費し!彼女達の居場所を!特定することは、できませんでしたァ!!
考えるだけ無駄だって学んだよね、うん。

風に流される前、近くには大きな湖があったのは覚えている。
その湖を見つけることさえできれば、その湖の周りをぐるぐる回っていればあの場所に着くと思うんだけどなぁ………

できることなら高いところまで行って遠くまで見渡したいけど、木より高く浮くと、風が強いし、鳥が飛んでて身の危険を感じるしで全く安全じゃない。
はいそこ!今私のことチキンとかびびりとかって思ったでしょ!違うし!慎重なだけだし!決してビビリとかではないしっ!!

おそらくここは、私が毛玉になる前に生きてた場所とは違うところだ。
ダッテェワタシィ、レーリョクトカフェアリートカシラナーイカラァ。
つまり私のこの周辺の土地に関する知識も皆無!
実は私結構な方向音痴なんだけどね。

そんなわけで、私はずーっと、低いところを浮きながら、あてもなく進んでいくのだった。




後ろから物音………
やだよぉ振り返りたくないよぉこのまま全力疾走して逃げたいよぉ………

・・・・・チラッ

oh………こいつぁ随分と立派なワンコロでねぇですかい。
私の何倍もあるじゃあねぇか………私が小さいだけか?
明らかに敵意丸出し唸りまくり、よだれ垂らして食べる気満々。
正気か!?そのよだれをしまえ!こんなヘアーボール食ったっていいことひっとつも無いぞ!?え!?本気!?マジの目かそれは!?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析