ハーメルン
毛玉さん今日もふわふわと
身の危険を感じたので帰ります by毛玉



地底へ来て二日目。
現在地霊殿内の書庫にて色々と情報収集中、おっきい書庫だ、図書館ぐらいありそう。
霊力を流してページを浮かしてめくるやり方で本を読んでいる。

とりあえず分かったこと。
この土地は今幻想郷と呼ばれているらしい。
どんな土地名だよって思ったけど、よく考えたら妖怪やら妖精やらいるんだからそりゃ幻想だわ、ということに行き着いた。
妖怪とは、さとりやこいし、幽香さんがそれに入るらしい。
あと、地底にいた大量の鬼も妖怪に入るらしい。
妖怪というからには、河童とか猫又とかもいるのだろうか。

「いますよ」

おうびっくりした!

「すみません癖です」

自覚してんなら直そうぜ?

「直したくても簡単には直せないもの、それが癖ってやつです」

ふーん………そーゆーものかね。

「私はさっそくあなたの癖を見つけましたよ?」

え?なに。

「びっくりすると全身の毛が一瞬逆立ちます」

………それ癖なの?自分でやろうとしてやってる訳じゃないんだけどな。
つかそれ別に直さなくていいし。

「それはそうと、今日は話したいことがあってきました」

なんすか。

「あなた………相当に特殊な生まれ方をしてきましたね?」

私の存在自体が特殊だと思うんですが。

「いえ、毛玉自体は割と探せば見つかります。まぁ地底にはいませんけどね、それでこいしも珍しがって拾ってきたのでしょうが。重要なのはそこではありません、あなたのその中身です。あ、中身といってもその体を切ったときの中身ではありませんよ、魂とかそういう奴です。魂なんてあるの?ですか。えぇ、割と普通にありますよ。先程毛玉は割と普通にいると言いましたが、あなたのように思考をしている毛玉は私は見たことがありません。おそらくあなたは転生か何かして、その体に入ったのでしょう。所謂憑依ってやつです。転生自体は普通に行われていますが、あなたのように魂が記憶を持って、それが毛玉に入るなんて事案は聞いたことがありません。毛玉とは本来、霊力を持って生まれる、というより存在自体が霊力の塊と言ったほうが正しいでしょうか。しかしながらあなたは霊力を全く待たずに生まれてきた。これは長年生きてきた私にとっても明らかに異質だということが感じ取れます。勝手ながらあなたの記憶などをいろいろ探らせてもらいましたが、どうやら私たちの存在がない世界から転生しているようですし、もうあなたに関してはほぼ全てが謎なんですよ」

……………………ふーん?
で、つまりどういうことだってばよ。

「あなたはとても不思議な存在です、あなたのような存在は、今までに私は見たことがありません」

最初にそれ言おうよ、長すぎるよ、てかよく噛まないね?割と早口だったし。

「すみません、これでも私、知らないものに関しては割と興味をそそられる系のあれなので」

はいそうですか。
ってか私、やっぱり転生してました?

「はい。ちゃんと聞こえてるじゃないですか。え?一部分だけですって?それは失礼」

ぱっぱと会話進めますねぇ、まぁ早いからいいけどさ。

「貴方みたいな人はそういませんよ、大概の人は気味悪がって私たちから離れて行きますから。そのおかげで結局はここへ………いえ、なんでもありません。話を戻しますが、あなたの記憶をのぞいた時、全く知らない世界が見えました。色々あなたにお聞きしたいこともあるのですが、何より驚いたのは妖怪や精霊の類がまったくもって居なかったことです。いや、いなかったというより存在していないといったところでしょうか」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析