ハーメルン
毛玉さん今日もふわふわと
念願だった………はずだけども

………は!

すやぁと言ったらマジで寝てしまった。
毛玉になってからの初めての睡眠、かもしれない。
というか寝てたのか?ぼうっとしてただけじゃね?寝るということが脳味噌を休憩させることを言うのであれば、間違いなく私は寝ていない。
だって脳味噌ないもん!!多分!

周りはちょっとした洞穴みたいな感じだ。
きっと大ちゃんが私をここに押し込んでくれていたんだろう。

さて、ずっと横になってるわけにも行かないので立ち上が………

立ち上がるってなんだろう………足無いのに。
いや、でも待てよ、私は今上を向いているし、感覚的には大の字で寝ていた。
つまり手足の感覚がある。
あれ………手足?私無いよ?手?足?動体?無いよ?だって私毛玉じゃん。
急に鼻で呼吸をする感覚を自覚する。
鼻?無いよね?
あっれれぇ?おっかしいぞぉ?
すごいデジャブを感じる………

これって………あれ………そーゆーこと………だよね?
んー………


私の毛玉ボディが消え去ってノーマルボディになってやがる………
ふとさとりんの言葉が脳裏を過ぎる。
なんか意味深なこと言ってたよなぁ………つまりこういうことなのかなぁ………

よし、このまま驚いているだけじゃあ何にも始まらない。
とりあえず体の確認をしなければ。
もしかしたら毛玉に手と足が生えて鼻がついただけかもしれない。
鼻がなかったら完全にス○モ。
いや、そんなことはあってはならないけれども!!

勇気を出して私の体を見る。

うん、全裸

悲報、私氏、手足が生えたら全裸だった。
そりゃそうだよね!人になったら服もセットでしたなんて、そんな都合いいことないもんね!!
急いで私の下に敷かれていた葉っぱを手に取ってあそこに当てる。
非常にまずい、ヒジョーにまずい、ヒジョーニマズイッチ。
まずい状況すぎてわけのわからない言葉を発してしまうゾイ。
おうふ落ち着け落ち着け、このままだとアキラ1○○%的なあれになりかねない。
ネタならともかく普通だったら公然猥褻でお縄になりかねない。
てかあれ、私って多分心の中は女性なんだけど体の方は?下半身しか隠してないけど。

………チラッ

即葉っぱ被したよね、ありのままの私隠したよね。
さーてどうするどうする。
この葉っぱで服作る?いや無理無理。
誰かに助けを呼ぶ?いや、でもこの状態だと気づいてくれる人がさとりんぐらいしか居なさそうだし………
でもこの状態はまずいよねぇ………
声出る?

「あー」

シャァベッタァァァァァァァ!!

まさか自分にこれを言う日が来るとは………
つかボイスが聴き慣れません!若干ロリボイスな気がします!!私の体型ロリなんですか!?
とと、とりあえず立ち上が——

「なんか騒がしいな………誰かいるのかな?」

あ………ずいぶんと聴き覚えのある声……

どうしようもねぇわぁ〜もう諦めたわ〜
よりによって大ちゃんに見つかったわ〜これはもう裸族認定確定になりましたわ〜

まて、まだあきらめるのは早い。
いや、手遅れなんだけども!あきらめるのは違うだろォ!?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析