ハーメルン
【完結】ドクター「オペレーターと仲良くなりたいけどどうすれば良い!?ミッドナイト!」
EPISODE5 エンカク①

「ゴム……?」

アーミヤが首を傾げた。
あ、しまった。
今日は野郎だけじゃなかったんだった……。

「Dr.ジョージ。それはどうかと思いますわ。それと、後でそれに頼った状況の説明をお願いできますか?」
「あの、ちょっと、スペクター?急に後ろに立つの辞めてくれない……あと殺気、殺気」
「友よ……女性も居るのに少々デリカシーに欠けるぞ」
「それで?ドクター、初体験はいつです?」
「ミッドナイト、食いつくな」
「へへへ、すいません。でもやっぱ興味ありますよ、ドクターの経歴も含めて」
「ここに女性が居なかったら話してやっても良かったけど……うおっぉっㇷェっ!?!??」

スペクターに襟首掴まれた。

「Dr.ジョージ!今なら私が聞き入れましょう!」
「やめ、すぺ、ちょ、おえぅふ」
「やめろスペクター!盟友が吐く!」
「落ち着いてくださいスペクターさん!?」
「あ、あばばばばばばば」
「ドクター!!」

この後、スペクターは夜まで俺に付いてきた。

いや、何も無いって。
日記に書いてあったけどそんな言える訳ねぇよ。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:2/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析