ハーメルン
うちの脳内コンピューターが俺を勝たせようとしてくる
番台

天衣と生石玉将の道場に通い始めて3日目。今日は生石玉将が居ないので、飛鳥さんに頼んで天衣に番台の仕事をさせる。

「な、何で私がそんなことしないといけないのよ」
「いいか。番台は営業スマイルが求められる接客業だ。将棋界も同じで、営業スマイルが出来ない奴は仕事が来ないし、嫌われる。
内心でどう思っていようが、表面上では取り繕うことをしろ」
「……師匠も、愛想笑いは苦手じゃない」
「それも売りにはしているからな。だが基本は笑顔で挨拶だ。
ほら笑え。にぱーって」
「しないって言ってるでしょ!」

生石玉将が居ない日には、振り飛車好きなお客さんの数も減るので今の内に天衣に接客業をやらせる。可愛いから、営業スマイルが出来るだけでファンが急増するだろう。研修会に入ってないから、ここで天衣の礼儀や立ち振る舞いの矯正をしておく。

「将棋には必要ないことかもしれない。だけどな、将棋界には必要なことだ。
お前の勝手な振る舞いで、スポンサーが降りたらそれだけで棋界にダメージが入る。師匠の俺の顔にも泥を塗る行為だということは分かっておけ」
「……分かったわよ。やれば良いんでしょ!完璧にこなして見せるわ!」
「よし。
じゃあ大人1人だ。ほら、スマイル」
「くっ……。10000円、お預かりいたします。お先に9000円お返しします。……ごー、ろく、しち、はち、きゅー。残り、300円のお返しです。ご利用、ありがとうございます」
「お、思っていたよりも出来てるな。じゃあ俺は風呂に入ってくるわ」

『礼儀に関しては付け焼刃でも、やらないよりマシですからね』
(やって損することじゃないしな。やって損することじゃない上、得をするんだからやらない理由が無い。天衣に関しては、飛鳥さんと晶さんも見てくれるし大丈夫だろ)
『それにしても、小学生を働かせる師匠って印象最悪でしょうね』
(うるせえ。多少場をほんわかさせるツンデレ台詞なら許容できるが、人の地雷を踏み抜く部分は矯正しないと俺の胃が持たねえ)

まず天衣の接客を俺で試すと、意外にもまともな対応は出来ていた。天衣はやれば出来る子だな。問題はやらないことなのだが。将棋の修行は必要だけど、将棋界で生き抜く方法も必要なことだ。少なくとも愛嬌があるだけで、かなり生きやすさが変わって来る。

内心どれだけ馬鹿にしてようが、表で出す部分を取り繕えば評価は上がる。研究会で標的にされる確率も減るし、最新の情報も入りやすい。将棋を指す以上は全員敵、馴れ合い不要という天衣の考えは、非常に孤立してしまいやすい。

そんな下衆いことを考えながら大きなお風呂の湯に浸かると、天衣の付き人も入って来た。晶さんじゃなくて、いつも遠巻きに警戒している別の男の人で、ゴリマッチョ体型だ。

……めっちゃ怖いし、筋肉量と傷跡がやべえ。なんか雰囲気を見るだけで、歴戦の戦士だということが分かってしまう。マジもんのヤーさんマジやべー。

そしてそんな人がこの湯に入って来た理由なんて、1つしかない。俺と、話をしたかったのだろう。

「……天衣お嬢様は、両親が亡くなられてからずっと1人で将棋を指し続けていた。亡くなられた両親との、幸せな思い出が将棋だったのだ。そのお姿があまりにも居た堪れなく……我々は、お嬢様を甘やかし過ぎたのかもしれない」
「……甘やかし過ぎた、ね」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析