ハーメルン
うちの脳内コンピューターが俺を勝たせようとしてくる
駒落ち

「もう、何で勝てないのよ!」
「そうそう簡単に勝たれてたまるか。しかしまあ、平手で俺にここまで迫れるのは奨励会員にも中々居ないぜ?」

修行5日目。天衣は生石玉将と例の3面指しを20回以上して、角落ちでは2回、香落ちでは1回勝った。しかし平手では全敗だ。いやまあ、当然と言えば当然なんだが。

将棋は強い人が必ず勝つゲームじゃない。強い人でもミスはするし、生石玉将だってミスはする。そのミスで、ひっくり返せない力量差がある時だけ全勝と全敗になる。要するに天衣と生石玉将で、それだけの力量差があるってことだ。

特にこの3面指しは、超が付く早指しだ。天衣のミスはあるけど、生石玉将のミスもある。それでも平手で負けないのは、プロの意地だな。

「生石玉将は、天衣と空さんの実力、どちらが上だと思いますか?」
「実力は五分と言いたいところだが、もし女王のタイトル戦で当たるなら、タイトル戦の経験の分は銀子ちゃんの方が上だろ」
(やべ。生石玉将と空さんの研究会って秘密だっけ?)
『秘密でも無いと思いますが、知っていると不自然ではありますね』
「まあ、そうですよね。今度俺もタイトル戦なんで、その時の雰囲気は天衣に伝えようと思います」
「挑戦者決定戦で、名人が相手でも関係無しか。その気楽さは羨ましいな」

今度の棋帝の挑戦者決定戦は、名人との勝負。だけどまあ、アイなら勝つでしょ。そもそもあの名人は、衰えて来ているしな。全盛期なら1%ぐらい負ける可能性はあったかもしれないけど。

『たとえ名人が全盛期でも、勝率は99.9999%ですよ』
(アイが100%と言い切らない時点で、あの名人が一線を画す実力の持ち主であることは分かる)
「名人相手でも、ノータイムで勝ち切りますよ」
「……ソフト相手に、あの勝ちっぷりだ。序盤でふざけない限り、まあ負けないだろうな」

ちなみに棋帝戦の持ち時間は各4時間なので、タイトル戦の中で1番短かったりする。1次予選の時とか、持ち時間は1時間だけだし。1日制のタイトルなので、封じ手も無い。賞金も少ないので、タイトルの中の序列も1番下だ。確か、優勝賞金は300万円だったな。同じ七大タイトルだけど、スポンサーの差で竜王戦とは優勝賞金に10倍以上の開きがある。

(新人王が200万円だったことを考えると、300万円は少なく感じるよな)
『どーせ、幾らあってもパソコンとゲームに費やされるんですから、同じでしょう?』
(なにおう。最近は服とか駒とか盤にも費やしてるだろ。というか天衣のお父さんの字、何処にあるんだっけ?)
『鏡洲三段のツテではありませんでしたか?……わりと今から、12月10日に贈るプレゼントのことを考えるのはキモイですよ?』
(うるせえ。あれだけは何としてでも贈る)

しかしたとえ優勝賞金が少なくても、格式あるタイトルであることには変わりない。棋帝を取ったら大木七段じゃなくて大木棋帝になるしな。

天衣の指導期間として、生石玉将の1週間分の時間を貰っているので、明日と明後日は天衣が泊まり込みで将棋を指す。お嬢様の天衣にとっては、たぶん初となるお風呂掃除も経験した。

ゴキゲンの湯には広い浴槽があり、掃除する時に天衣は体操着姿になる。それがこけたせいで若干濡れて、ピッタリと張り付いているのを見て……。

カメラを持っていた晶さんが、鼻血を噴出した。せっかく掃除したのに血で汚すんじゃねーよ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析