ハーメルン
ロドス劇場
天然タラシ狼とバレンタイン


少し恥ずかしげにカッターがヤマトに渡したのは、昨日作ったバニラ味のカップケーキの上にチョコのホイップクリームが付け加えられていた物であった。

「君は甘いものが好きということを聞いたから、少しでも甘くなればと思って付け加えさせてもらったんだが……」

「……ドクター」

「ん、いいよ」

「ありがとう…それじゃ、はむっ」

不安そうなカッターを見たヤマトがドクターに声をかけると、彼が自分に何を聞こうとしたのかすぐに察したドクターはただ肯定だけし、ヤマトはお礼を言うと、カップケーキを食べ始めた。

「……」(モグモグ)

「………その、味はどうだろうか?」

「……甘くて美味しい。俺好みだ」

「良かった……あ、そろそろ私も仕事に戻るよ、それじゃっ」

「あっ」

ヤマトの感想にほっとカッターは息を吐いたところで、さっさと部屋を出て行ってしまい、まだカップケーキを食べ終えていないヤマトは「しまった」というような表情を浮かべ。

「お礼言えなかった……」

(うーん、これってカッターがヤマトに対してもしかするともしかするのかな?)

お礼を言えなかったことに後悔しているように声を出し、一方でドクターはそんなことを考えていた。







なお、ドクターはこの後アーミヤから手作りのケーキを貰え、気を利かせて2人きりにしてくれたヤマトのおかげで、いいバレンタインデーになったとかならなかったとか。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:4/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析