ハーメルン
郡千景と粘着質な愛の話
僕とどうしようもない話

『勇者様と巫女様による調査の結果、諏訪地域の無事が確認されました────』

「……どこまで本当なんだか」

 調子の良い言葉を垂れ流し続けるテレビから目を背け、1人の食卓に着く。
 ありとあらゆる情報媒体で喧伝される「事実」。
 そこに脚色はあるだろうが、きっと全部が嘘じゃない。人々が四国に閉じ込められても希望を失わないのは、他の地域も奮闘していると信じているからだ。そうじゃなければ千景達の戦いは全部無意味になってしまう訳で、僕もそれを信じるしかない。
 もし嘘だったら勇者も、四国の人達も、皆報われない。あまりに救いが無さすぎる。

「会いたいなぁ……」

 寂しかった。まさかほんの何日か千景がいないだけで、こんなに1人である事への恐怖を感じるとは思いもしなかった。
 千景と勇者達が諏訪の調査から戻ってきたのは2日程前の事だが、未だ会話すら出来ていない。
 どうも持ち帰った情報は大気の状態や残存人類の調査等多岐にわたるため、勇者達は揃って大社に缶詰めらしい。
 仕方無いとは思うが感情が納得するかと言えばそれはまた別の話で、僕は行き場の無い苛立ちを燻らせたままテレビと睨み合っていた。

「どうなるんだろ、四国」

 そうだ。
 四国はこれからどうなるんだ。
 生活必需品の生産が四国内だけで賄える訳ないし、備蓄だってどれくらい保つのか分からない。
 神樹様の加護とやらで守られているからと言って、いつまでも守勢に徹するのは無理な話だ。
 それに、打開の目処が立たなければ人々の不満が溜まる。既に3年分の「それ」があるのだから、いつ爆発したっておかしくない。表面上は穏やかでも、破滅はすぐそこまで近付いているに違いない。
 もし人類が自らの手で終止符を打つ事になったら、それ以上に間抜けな終わり方は無いだろう。
 これまた誰も報われない。

「──負けないだろ」

 ──?
 いや、おかしいな。
 どうして僕は()()()()()()を前提にしてるんだ。
 諏訪は無事だってテレビでは言っていた。千景達も必死になって戦っている。なのにどうしてこんな馬鹿げた事を考えているんだ。
 勇者は勝ち、バーテックスは消える。これが僕達の未来の筈だ。

「四国は負けない。絶対に負けない」

 そうだ。負けるもんか。
 現に3年間四国は戦ってきたじゃないか。これからだってやっていけるさ。
 何を卑屈になっているんだ僕は。()()()()()()悪い癖だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析