ハーメルン
郡千景と粘着質な愛の話
郡千景と慚愧の話

たった1つ譲れない大切なモノがあるとして、それを自らの手で傷付けてしまったら、と言う話。

※少しグロテスクな表現があります。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析