ハーメルン
TS令嬢はチ×ポに勝てない。
TS令嬢は語り明かしたい。



感想、高評価ありがとうございます。
拙作は筆者の来世ではないか疑惑をした方がおりましたが、はっきり申し上げてこれは私の願望です。来世はこうでありたいという変態の妄想です。野郎は皆変態であるべきだし、女でも変態であるべきだ。
何を隠す必要がある? 世間の目なんぞ気にしなくていい。私が世界だ。周りじゃない。周りに合わせるんじゃなくて、周りが合わせるんだ。それでも、駄目なら世の中の仕組みそのものを変えてしまえばいい。世の中、そうやって回ってきたじゃないか。
私は変態だ。TS好きの変態だ。救いようのないド変態だ。
ああ、世界の中心でTSと叫びたい。


すみません。エキサイトし過ぎました。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析