ハーメルン
雛森「シロちゃんに『雛森ィィィィ!』と叫ばせたいだけの人生だった…」
霊術ィィィン!

 月日が流れるのは早いもので、BLEACHの世界に転生してから百年が経った。

 この間に起きた主な原作イベントはライザ○プ女子・曳舟桐生(ひきふねきりお)さんの王属特務入りと、有名な『魂魄消失事件』。ヨン様が隊長格たちで(ホロウ)化実験したり、浦原(うらはら)さんたちが現世へ逃亡したりと過去篇のヤバい案件が目白押しだった。ここ流魂街(るこんがい)まで噂がビンビン聞こえてきたよ。
 介入出来たのは強さと行動範囲的にゼロだったけどね。勿体ない…


「──知ってるシロちゃん? スイカの種ってチョコの味するんだよ」

「チョコってなんだ?」

口付け(キス)の味」

「ぶっ…!?」

 シロちゃんで遊びながらあたしはこの自己研鑽の日々を振り返る。

 自己強化に関しては順調そのもの。ファンタジー臓器をいぢめ鍛え霊力を増やしまくり、この百年でみんなの兕丹坊(じだんぼう)兄貴がミジンコのように見えるレベルまで成長することが出来た。これはどれほど低く見積もっても尸魂界篇初期の一護以上──つまりその辺の三席は確実に超えてる隊長格級の霊圧である。
 ちなみにヨン様陣営で言うと一◯こと市丸(いちまる)ギンが霊術院を一年で卒業した直後に五番隊の三席を瞬殺してたりする。あたしもそれくらいの実力がある…とは大声で言い辛いが、尸魂界(ソウルソサエティ)史上最高の天才と言われた当時の彼と同等以上なら非常に嬉しい。

 なお護廷隊にバレたら、あたしのオサレな「雛森(ひなもり)副隊長があんなに強かったなんて…」裏切りCO大作戦が、ギャップもなにもないただの事後確認な「普通に最初から強かった人」になってクソダサ破綻するため霊圧隠蔽には命をかけている。
 あれから色々と他の方法を試したり、一応これで周りの一般人と同じくらいの霊圧にまで力を隠せてるはずだ。平時は万に一つも悟られることはないだろう。


 死神になるための準備も万全だ。ここ西流魂街1地区【潤林安】は瀞霊廷に最も近い地区の一つであり、瀞霊門の一つ白道門(はくとうもん)を守る門番兄貴のおかげで色々と斬拳走鬼について教わることが出来た。主にそのツテの方に。

「──ほんどに強くなっだなぁ、桃。そん年でそごまで鬼道が出来る院生は見だごとねぇべ。お()えは絶対に霊術院に受がるッ!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析