ハーメルン
ARMORED CORE -Resume “N”-
Act.2






「グリッドツー沈黙!勝者、グリッドワン、シュペルマリーネ!!圧勝です!シュペルマリーネのスピットファイアが、またしてもデーモン駆るマンティコアを返り討ち!立ちはだかる壁の険しさを思い知らせました!!」

ジョンはガレージの大型モニターでアリーナの公式戦の様子を眺めていた。
その横では彼の愛機“ディンゴキラー”が武装を取り付けている最中であった。

肩にはレーダーとロケット。
両手には同じ種類のライフルが握られていた。
さらにバックブースターと呼ばれる緊急回避装置を取り付けていた。

「はぁ」

ジョンは不安そうな声を漏らす。
彼は今日、アリーナの公式戦に出場する。
そのデビュー戦を出来ることなら白星で飾りたいと考えていた。

そんな彼の後ろに、誰かがそろりそろりと近づいて、やがて彼の真後ろに立つと、いきなり両手で肩を掴む。

「わっ」

「うおっ」

突然後ろから肩を掴まれて、体がビクッと動いた。
ジョンが振り返ると、イオがしてやったという顔をしていた。

「にひひ、隙だらけだぞ~。」

「なんだそりゃ。ずいぶん機嫌がいいな?」

「ふふん、昨日またランク一個あげたからね~。」

ジョンの問いかけにイオは胸を張る。
彼女はまたしても公式戦で白星を上げたのだ。つまり二連勝ということになる。

彼女とランクに差が開くのは自身との実力差も広がるということだ。
彼自身、AC同士での戦闘経験は全く無い。今日がその初めてとなる。

「そうか、じゃあ追いつかないとな」

ジョンが言いきる前に南側のゲートが開く音が聞こえたのでそちらへ目をやると、先程、返り討ちにされた機体が運ばれてきた。

何百発と撃たれ、ブレードでの斬り合いも行ったらしく、まさに満身創痍の状態だった。
機体に撃ち込まれた弾痕が生々しく、可動部はオイルが焼き付いて黒く焦げ、何とも言えない臭いを漂わせている。

右腕と、頭部は完全に破壊されてなくなっていて、未だに機体のあちこちからは火花がバチバチと音を立てている。

「あの人が戦ってた人って...。」

イオはポツリとつぶやいた。
ジョンは答えない。彼自身もあそこまで徹底的に破壊されるほどの強敵と遭遇していないからだ。

「いずれ相手になるヤツなのは間違いないな。」

ジョンはそう言って立ち上がると、愛機に向かって歩き出した。

「俺は今からデビュー戦だ。勝てるといいんだがな」
「そっか。頑張ってね!」

ジョンの背中に向かってイオは手を振って見送った。
ジョンは機体に乗り込んで、機体のチェックを済ませると、すぐに機体を前進させた。

目の前のゲートが開いて、そこから差し込む光の向こうへ、ジョンは機体を歩かせる。




-----





アリーナは地下に建設されており、専用のエレベーターを使って降り、
エレベーターのゲートが開いてアリーナの中へ入る。

ジョンはアリーナの中を見て唖然とした。
アリーナの天井に大きなモニターが四方に向かって吊り下げられており、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析