ハーメルン
仮面ライダーアズール スピンオフ・アプリ
CODE:Hyper Battle[新ライダー誕生!? 謎のデジブレインを追え!!]

 翔たちが仮面ライダージェラスを倒してから10日後。
 琴奈は、ホメオスタシスの地下研究施設で、パソコンと向き合っていた。
 キーボードを打ち込む彼女の傍らには、ケーブルに接続されたマテリアプレートが置いてある。

「後はここをこうして……よし、完成!」

 上機嫌で両腕を上げ、椅子にもたれかかる琴奈。完成したマテリアプレートを手に取って、楽しそうに笑う。
 そのプレートには《怪獣図鑑》と名前が表記されている。これは重度の怪獣オタクである彼女が、アニメやゲームに登場した怪獣を纏めて資料としたアプリで、つまりは個人的な趣味の産物。
 琴奈は、それをマテリアプレートとして完成させたという事だ。

「これならちょっとは戦いで役に立つはず」

 そう言って琴奈は早速研究所を飛び出し、途中でコンビニに立ち寄ってから、翔たちに会いに向かうのであった。

※ ※ ※ ※ ※

「はぁ……暇だわ、ツキミ」
「そうですわねぇ」

 一方。
 ハーロットを『ママ』と呼ぶ二人の少女、フィオレとツキミは、コンビニの入口近くでしゃがみ込んで棒アイスを舐めていた。
 今の彼女らは白いセーラー服に身を包んでおり、惜しげもなく広げられた足とスカートの丈の短さもあって、非常に男性からの視線を惹きつける存在となっている。

「何か面白い遊びでもないかな?」
「それでしたら、Cytuberの殿方でも呼んでみますか? とっても良い『遊び相手』になって下さると思いますわよ」
「うーん、そういう気分じゃないのよね~」

 舌先でアイスを弄び、フィオレは鞄の中からあるものを取り出した。
 人をマテリアプレート内のデジブレインと融合させるデバイス、ガンブライザーだ。

「これで遊んでみよっかなぁ」
「でも、マテリアプレートを持って来てませんわよ?」
「そーなんだよねぇ……」

 アイスを食べ切り、退屈そうにフィオレが溜め息を吐く。
 ツキミもアイスを咥えて、何か面白そうな事でもないかと思いを巡らせているが、やはり何も浮かばない。
 そんな時だった。

「あら?」

 ツキミが棒を捨てようとゴミ箱の前に立つと、ガラスの向こう側でコンビニの床にあるものが落ちている事に気付く。
 中に入って拾ってみれば、それは怪獣図鑑というマテリアプレートだった。
 同じように店に入っていたフィオレは、突然の出来事に目を剥いている。

「えっ、ウソ!? なんでこんなところに!?」
「きっと神様が私たちのために置いていってくれたんですよ」
「なるほど! じゃあ今日はこれで目一杯遊ぼう!」

 そう言ってフィオレは店の中で商品棚の整理をしていた男に近付き、その腹にガンブライザーを押し付け、アプリを起動する。

《怪獣図鑑!》
「一緒に遊ぼうねぇ~?」
Goddamn(ガッデム)! マテリアライド! 怪獣・デジブレイン! パラサイトコード、ダウンロード!》

 男は電流でも走ったかのように全身を痙攣させ、悲鳴を上げながらその姿をテクネイバーと融合させていく。
 フィオレとツキミは鞭を片手に、彼の様子を楽しそうに見守るのであった。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析