ハーメルン
仮面ライダーアズール スピンオフ・アプリ
EP.01[悪意の再来]

 ――かつて、アクイラと呼ばれた情報生命体。
 地球と、そこに住む人々を支配しようとしていた神にも近しい存在。
 彼は未来を捻じ曲げる事により、全ての生命の未来が幸福なものに変わる世界を『楽土』を築き上げようとしていた。
 しかしその計画も、世界の秩序を守るホメオスタシスの、仮面ライダーの手で打ち砕かれて世界に真の平和が取り戻された。
 それから時は過ぎ、2021年12月……。

「時間だ!」
「よし、せーの!」
『あけましておめでとう!』

 0時丁度になると、天坂家ではそのような祝いの声が上がって日付が1月1日に変わる。
 この日は肇と翔と響、そしてアシュリィ・ツキミ・フィオレの三姉妹がいるだけでなく、彩葉の姿もあった。
 肇は年末特有のバラエティ番組を見ながら一気にハイボールを呷ると、微笑んで六人の姿を見つめる。

「良い気分だ。また皆で年を越す事ができて、本当に嬉しいな」
「去年は散々な年始だったもんねぇ」

 あはは、と笑う翔。
 昨年の正月といえば、丁度サイバー・ラインでアクイラが復活した時期であり、楽土が生み出された日でもある。
 しかもその戦いにおいて、ホメオスタシスは苦い敗北を喫してしまった。
 とはいえ、結局はその後に人間の世界を取り戻し、現在に至るのだが。

「今となっては良い思い出ですわね~」
「うん、みんなで頑張って良かったよー!」

 フィオレとツキミが言い、アシュリィも頷いた。
 ちなみにクリスマスには響や肇はおらず、翔とアシュリィたち三姉妹が家で過ごしていたようだ。
 天坂家のはしゃぐ様子を見ていた彩葉はくすくすと笑い、彼女らや響たちに語りかける。

「明日は、私が作ったおせち……用意、してるからね。みんなで楽しもうね」
「彩葉さんのおせち! いいね、楽しみだ!」

 そう言った響の目は、子供のように輝いていた。翔はそれに同意し「そうだね」と相槌を打つ。
 以前の彩葉には料理など作れなかったのだが、意外な手先の器用さと覚えの速さもあって、翔の教えでメキメキと上達しているのだ。

「義姉さん、きっとすごく良いお嫁さんになるよ。ねぇ兄さん?」
「翔!? 義姉さんと呼ぶのはその、まだ速いというか……!」
「でも二人は絶対結婚するでしょ?」
「それは、そうだが」

 悪戯っぽく笑う翔と、むぅと唸る響。
 もちろん響と彩葉の二人は既に将来を誓い、愛し合う仲ではあるのだが、年齢的にもまだ結婚するには速い。
 だが彩葉は、頬を上気させつつ響の手にそっと自らの掌を乗せ、肩に頭を寄せて小さく囁いた。

「私はいつでも待ってるよ……?」
「あ、彩葉さん……」

 響は彼女の手を握り、互いに熱っぽい視線で見つめ合う。
 その姿に肇は呆れた様子で肩を竦め、翔も苦笑いしていた。

「お前ら、熱くなるのは良いが場所を選べよ」
「あははは」

 さらにフィオレとツキミも姦しく騒ぎ立て、二人を茶化し始める。
 一方アシュリィは、翔の顔をじっと見上げていた。

「ショウ」
「ん、何かな?」
「私も結婚したい」
「ちょぉっ!? 僕らの方こそまだまだ早いからね!?」
「ふふ、知ってる」
「もう……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析