ハーメルン
仮面ライダーアズール スピンオフ・アプリ
EP.02[冥王(Pluto)]

「久峰 業……あの久峰 遼の息子だって!?」

 バイパリウム・デジブレインを率い、仮面ライダーたちを見下ろすリーダー格らしいその少年。
 彼の名を聞いて、アズールたちは愕然としていた。

「バカな、一体なぜ今更現れる!?」

 キアノスが大きな声を上げた。
 遼の妻や愛人すら罪が明るみになって逮捕されている中、未だ捕まっていない直接の息子の話など聞いた事もなかったからだ。
 問われた少年、業は五人を見下ろし、指を差して忌々しそうに言い放つ。

「復讐だ。俺は貴様ら仮面ライダーに復讐するため、ここに来た」

 その言葉に反発したのは、久峰 遼とハーロットの娘たち、アシュリィ・フィオレ・ツキミの仮面ライダーピクシーだ。

「……復讐、って」
「私たちがアイツを海底に閉じ込めたから? それとも、一族の他の人たちも捕まってるから?」
「けど、そんなものは全部自業自得でしょう!?」

 かつての事を思い出して、憤るピクシーたち。
 しかし、業は腹違いの妹たちに向かってフンと鼻を鳴らした。

「勘違いするな。俺は、あんなカス共の事などどうでも良い」
「なに?」
「父、久峰 遼が逮捕に至ったのはヤツ自身の責任だ。他の親族どもが逃げ切れなかったのはヤツらの力不足だ。俺が許せんのはそこではないんだよ」

 演説するように自らの腕を振りながら、業は五人へと叫んで主張し始める。

「デジブレインを生み出したの原因を作ったのは、ホメオスタシス! その創始者の静間 鷲我だろう!」
「え!?」
「貴様ら仮面ライダーはその後始末をしているのみ、単なるマッチポンプだ! そのくせ、久峰の一族を貶め自分たちは栄誉を得ている! 俺も今や追われる身、対して同じ久峰の血を継ぎながらそんな連中に縋って生き永らえている! 許せるものか!」

 激昂し、仮面ライダーたちに指を差す業。

「何を誤解してるのか知らないけど! そもそも鷲我会長がデジブレインを作ったワケじゃない、あの人はただサイバー・ラインを見つけただけだ! 本当にデジブレインを作ったのは……」
「アクイラ、と言うつもりなんだろう? だがどうだ、サイバー・ラインに生まれたそのアクイラを養護していたのも静間 鷲我と聞いているが?」
「それは……」

 その点については間違ってはいない。実際、鷲我は好奇心からサイバー・ラインを発展させ、そして知恵を与えてアクイラを育てている。
 とはいえ当初はその結果として情報生命体が生まれる事など予想もしていなかったはずであり、ましてそれが他者に利用されるなど思いもしなかっただろう。
 そもそも、それと久峰がデジブレインを使って悪事を働くのは全くの別問題だ。逆恨みも甚だしい、とアズールは思う。
 だが、その考えを見透かしているかのように、業は再び口を開く。

「本当に静間 鷲我が、真実を全て話していると思っているのか? ヤツの話に疑問の余地がないとでも?」
「どういう意味だ」
「ヤツが貴様らを騙して利用していると考えた事はないのか、と聞いているのだ」

 グッとアズールが口を噤む。
 確かに、鷲我は翔たちと共にデジブレインを討滅すべく活動していたが、秘密を隠している事が多かった。
 特に翔にアクイラの力が眠っていた事を黙っていたのは、象徴的と言えるだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析