ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記10 墓地

 横須賀。
 人間の街は面白い所だと403は感じていた。
 出会い、すれ違う人間の全てがメンタルモデルにはない感情を実装しているから。
 今日の配給は良かった。美味しいものが食べられると喜ぶ親子。
 自家用バッテリーに充電される電気が少ないと不満を露わにする中年男性。
 いつ攻めて来るか分からない霧に対する不安を口にする士官候補生。
 鬼ごっこをしているのか、街を駆けまわって楽しそうにする子供達。

 喜怒哀楽。
 自分たちが確かなものとして実装できていない感情が此処にはある。
 それだけでもコアに蓄積される経験は貴重なものであり。
 いずれ人間とまったく変わらない感情を露わにすれば、霧も戦術を獲得できるのかと期待せずにいられない。
 そんな変化を403は心の奥底で"楽しんで"いた。

「機嫌良さそうだね。お姉ちゃん」
「ん、人間の活動は見ていて飽きない。新鮮」
「そうかな。501には良く分かんないよ?」
「人類における該当データを検索。個体によって生じる感じ方の違いを、人それぞれと云うらしい」
「人それぞれ?」
「そう、人それぞれ」

 何処か微笑ましい姉妹のように街中を歩く403と501。
 互いに黒のセーラー服と水兵服であり、黄色っぽい銀髪と黒の混じった金髪は、姉妹に見えなくもない。
 501が仲良さげに403の腕を組んで歩いているので尚更だ。
 余りにも完成され過ぎた顔の造形と相まって、女性も男性も一度は視線を釘づけにしていた。
 爺様婆様は微笑ましそうに見守っていたが。

 ここまで来たら"買い食い"なるモノや"ウインドウショッピング"とやらも経験してみたい403。
 しかし、生憎と金銭の類や交換できそうな物品をサルベージして来ていない。
 ウインドウショッピングにしても、対象であるデパート?とやらが見当たらないので楽しめそうになかった。
 ちょっと残念に思う。

 そうして街中を歩いていると、ふと顔を泣き腫らしている夫人の姿が目に入った。
 その尋常ではない泣き方に403は思わず首を傾げてしまう。
 何かあったのだろうか。
 着ている服どころか、靴下や下着の類まで黒一色の格好に疑問を感じずにはいられない。

「人類における該当データを検索。喪服。葬儀や法事の際に着用する衣服。誰かが亡くなった?」
「それはのう。17年前の大海戦で愛する夫を失ったのじゃよ」

 そんな403の疑問に答えたのは、店の入り口の前で掃き掃除をしていた老人だった。
 403が振り返れば、目に映るのは時計屋の看板と古着にエプロンを着込んだ初老の男性。
 老眼鏡の奥には長年生きた知性を感じさせる、落ち着いた雰囲気が漂う。

「あなたはだれ?」
「なに、古時計の修理を営んでいる只の爺じゃ。
 それよりもお前さん。年の頃は14か13といった所かの。それじゃ昔の大戦も知らんじゃろ」
「……こくん」

 本当は17年前の大海戦に於ける当事者だ、何て言わない。
 403もその時の海戦に参加したのか、記憶が定かでないので分からないが、大戦を起こした同じ霧である事に変わりはない。
 501も何も言わなかった。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析