ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記11 回想

 403は墓地に来ると、少しばかり一人になりたいと501に申し出た。
 501はどうして一人になりたいのか分からない様子だったが、義姉の頼みならばと快く了承。
 入口の方で待ってるね、お姉ちゃ~ん! とルンルン気分で離れていった。

 それから403は人類のネットワークで学んだことを参照しながら、慰霊碑の前に摘んできた小さな花を添え、祈るように手を合わせた。西洋式ではなく日本式の、仏教に通じる祈り方だった。

 ここは人間は死者を想う場所。
 亡くなった人を慰める安息の地。
 英霊たちの御霊が眠る場所は、街の活気とは違った静寂な空気に満ちている。
 聞こえて来るのは海の音。風の音色。波風の声。海鳥の歌。
 安らかに眠る場所に相応しい、優しさと寂しさに満ちている。
 それが、この海軍の共同墓地だった。

 あの老人の話を聞いてから、403の胸の中で何か気がかりな事が、ずっと頭から離れない。
 何か、大事な事を忘れているかのような。
 とてもとても……上手く言語化できない。どう言葉に言い表して良いのか。
 ともすれば酷く簡単な表現で済むような例えを、403は持ち合わせていなかった。
 只、無性に胸の奥が疼く。疼いて震えている。どうしようもない程に。

 だから403は目を閉じて祈り続け、それからは何かを感じ入るかのように海を眺めつづけた。

 こうして海を眺めていれば思い出せるのかもしれない。この感覚が何なのか。
 そう、あえて言うのなら記憶なのかもしれない。
 確かな記録として保存されたデータではなく、曖昧なものとして403のコアの中に漂っている記憶。
 それを思い出したら、何かが変わるのかもしれない。
 変化を望む霧にとっては好都合。

 ううん、違う。

 そんな些細な理由から思い出したいのではない。
 403の演算シュミレーション。いや、本能が告げている。
 それはとても大事な記憶で、自分がこれからを過ごす上で必要な、確固たる決意の証になると。
 自分が戦うために必要な理由になると。

 海。涙。イルカ。402。ソナー。観察。潜水。潜航。

 人類のネットワークから検索。
 記憶を思い出す為には関連する何かを切っ掛けにすること。

 異邦艦。姉妹艦。命令。敵の船。魚雷。戦闘。撃沈。
 撃沈。撃沈。撃沈。撃沈。撃沈。
 姉妹艦が撃沈………?

 姉妹艦。イ号400。潜水艦。味方艦。
 姉妹艦。イ号401。潜水艦。味方艦だった。
 姉妹艦。味方艦だった。それは敵だった。

 鹿島沖。戦闘。ナガラ。戦闘。イ号401。
 味方艦だった。イ号401。でも、敵艦だった。
 裏切り。監視。裏切り。被害。裏切り。粛清。

 名古屋沖。早期警戒艦。タカオ。501。監視。
 超重力砲。浸食魚雷。超重力砲。401。超重力砲。
 501。危機。味方艦。撃沈。介入……

 ……?

 介入……?

 403の胸の奥で何かが弾けたような気がした。
 それはデータの奔流。ありもしない記憶の光景。体験した筈のない経験と虚しさ、空虚。

――お前■■(ザザ)――妹―傷つけ■■(ザザ)――

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析