ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記12 対話?

 翡翠の瞳の少女。彼女はゆっくりと千早群像のほうに振り向いた。
 瞳から零れていた涙を拭い、それから群像を目を見て、次にゆっくりとイオナの目を見つめる。

 群像はその瞳に何かを感じて、息を呑むしかない。
 彼女の瞳は何と表現すればいいのか、いくつもの言葉が浮かんでは消えていく。
 神秘的とも言えるし、無機質の様にも感じる。
 だが、瞳の奥には何とも言えない哀愁を帯びていて。
 そう、まるで死を目前にした人間のような、そんな感じ。

 昭和時代を思わせる黒のセーラー服。それと相反する黄色を帯びた明るい銀髪。
 暗めの服装と相まって、容姿は幼いのに酷く大人びている様な少女がそこにいた。

「再起動完了」
「きゃあっ!」

 ふと、彼女はそう一言呟いたかと思うと、彼女を中心に爆風が吹き荒れ、しがみ付いていた501が悲鳴をあげた。
 その爆風の所為で501の軍帽が吹き飛びかけ、それを少女は、403は寸での所で掴み取ると、501の頭にかぶせ直す。
 ふわりと舞い上がっていた二つの銀の髪も、黒交じりの金の髪も元の位置に戻って行った。
 群像も身構えながらも、相手の動きを一切見逃すまいと目を離さない。

「状況確認。ここは何処?」
「ここは、墓地だよ……お姉ちゃん」
「少し機能停止してた? 数分前の活動記録にラグがある。バグ?」
「えっと、大丈夫?」
「分からない」

 そこで、ようやく403は顔を上げると、群像とイオナの姿に気が付いたようだ。
 現状としては敵であり、監視対象である二人の存在に驚きを隠せないのか、よく見れば少しだけ瞳孔が見開かれている。
 そこには先程の哀愁も、嘆きも存在せず、あるのは無機質ながらも観察するような視線。
 何と言うか、初めて見た人や景色を観察する幼子の様だと群像は感じた。好奇心に満ち満ちているというか。
 首をちょこんと傾げるのだから余計に。

「千早群像?」
「そうだが、キミは……?」
「イ号400型潜水艦の四番艦。イ号403のメンタルモデル。略称403」
「姉妹艦。でも、403は見たことない。新造艦?」
「イ号401を確認。姉妹艦における二番艦。人間で云うと次女に当たる存在。姉妹艦における"じゃれあい"を実行する」

 群像を背に庇いながら、何をするのかと警戒するイオナに、遠慮なく近づいて行く403。
 慕っている義姉から離れまいと背中にしがみ付いている501を引きずり、それからイオナの頬っぺたを両手で摘んでギュッと引っ張った。

「うぅ~~~っ!! 何をするの?!」
「返答。仲の良い姉妹や兄弟はこうして戯れるのだと教わった」
「403、それは幼子が微笑ましい喧嘩をする時にやる行為なんだ。イオナも嫌がっているし、やめてあげてくれないか」
「驚愕。確認。この行動は適切ではない?」

 403の魔の手から救われ、痛そうに頬に触れるイオナを尻目に、群像は苦笑いしか出なかった。
 相手は霧の船。人類が到底敵わない境地にいる兵器。海を閉鎖する敵対者。
 だというのに、あまりにも無邪気で子供っぽい403の仕草に毒気を抜かれた。
 おまけに403の背中に隠れている501が、ひょいと顔を覗かせては、些細な事で嫉妬する子供のように睨んでくるのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析