ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記14 誘拐

 時は少し遡る。
 横須賀の街に潜入していた400は、早朝に刑部邸を訪れていた。
 目的は刑部藤十郎の確保。或いは彼に関する情報の入手。
 振動弾頭の製造に彼は必要ないが、デザインチャイルドである蒔絵の調整には必要なのである。
 何故ならばゲノムデザインプロジェクトの開発責任者は刑部藤十郎なのだから。

「突然の訪問。申し訳ないです」
「いえ、ただいま紅茶をお持ちしますので、お掛けになってお待ちください」

 400の格好は黒のスーツである。
 見ず知らずの人間が訪問しても追い返されるのは目に見えている。
 だから、政府の命令書と身分証をナノマテリアルで偽造し、正式な来訪者という形をとった。
 これならば刑部家に仕える人間も下手に出れない。
 目論見は一応成功である。

 懸念すべきなのは桃色の髪と人形のような表情。
 躯体(メンタルモデル)の特徴を知る人間ならば一発で看破するだろう。
 まあ、目標を達成すれば刑部邸に用はなくなるので、それまでの辛抱である。

 400は客間に案内されると、慎ましやかな調度品が飾られた部屋のソファに腰かけた。
 机にはメイドに用意させたのだろうか、カステラというお菓子が切り分けられ、皿に盛られていた。

「どうぞ」
「お持て成しに感謝します」

 ローレンスと名乗る執事から差し出された紅茶を一口すする。
 メンタルモデルに味覚は不要だが、経験を蓄積する一環として味を解析。
 400はその紅茶が手間を掛けて抽出された天然物だと解析し、少しだけ目を見開く。

 それは熱いながらも暖かな味。
 適切な湯と、適切な淹れ方で味を最高に引き立て、相手を快く迎え入れた証。
 繊細かつ鮮やかな装飾が施されたティーカップに注がれた紅く透明な液体。
 それは、この時代ではなかなかお目に掛れない代物らしかった。

 少なくとも人類のネットワークから得た情報であれば間違いない。
 しかし、ローレンスという人間の意図までは400には判断が付かなかった。

「お気に召しませんでしたか?」
「いえ、風味も良く、素晴らしい香りです。落ち着きます」
「それはようございました」

 ローレンス・バレンタイン。
 データでは刑部家に仕えている蒔絵専属の執事とある。
 邸宅を留守にすることが多い藤十郎博士や蒔絵に代わって訪問者の応対。
 そして、蒔絵の教育全般を任された男だというが……
 
 眼鏡を掛けた鋭い目付き。
 少しばかり、やつれた顔付に白髪に染まった髪色と、この年齢にしては老けて見える。
 肉体的には二十代後半から三十代前半といった所だろうか。
 400のスキャン結果では身体的特徴から、彼が名前に反して日本人の可能性が高いと判断している。
 恐らくは偽名の可能性が高い。

 目的は分からないが、政府の関係者だろうか。
 もしかすると重要人物である蒔絵を監視しているのかもしれない。
 400はそう分析した。

 ローレンスは400の対面の席に座ると早速口を開く。

「本日は蒔絵様のことでお伺いなされたとか」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析