ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記16 間宮

 給糧艦"間宮"。
 第二次世界大戦が勃発する前に建造されていた大日本帝国海軍の食糧補給艦。元は給油艦として建造される予定だったものを変更して進水した彼女は、18000人分もの食料3週間分を艦隊に提供できる能力を持っていた。

 しかも、間宮から供給される食糧は殆どが新鮮なものであり、肉、魚、野菜、パンなどの穀物といった一般的な食糧だけでは終わらなかった。アイスクリーム、ラムネ、最中、饅頭などの趣向品。更にはこんにゃく、豆腐、油揚げ、()といった日本固有の食品まで艦内で加工生産できたという。

 中でも羊羹(ようかん)は"間宮の羊羹(ようかん)"と称されるほどの出来栄えで、その筋の老舗を唸らせるほどの美味しさであった。そして、あまりの大きさから間宮の洗濯板の異名を持ち、質と量を備えた素晴らしい甘味であったそうな。

 そんな船が人類と敵対する霧の手によって蘇り、衰退の一途を辿って失われつつある日本の食糧文化を保存しているというのも皮肉な話である。

 総旗艦"大和"のメンタルモデル。
 その片割れであるコトノが来るべき人類との同盟の懸け橋として選んだのは、霧と共にある千早群像や人間よって生み出された被造物である刑部蒔絵だけではない。

 ズイカクやショウカクを始めとした"退屈"によって人間と接触を持ったメンタルモデル。同じく音楽という文化に興味をもって人間に接触しているマヤ。

 彼女たちを通して広がった一部の人間たちと、一部のメンタルモデルの友好的な関係。それは今では海上封鎖によって採れなくなった海産物や、海面上昇によって沈んだ遺物をサルベージした物品から成り立ったのだ。

 そして、それを拡大解釈した存在が"間宮"という艦だった。

 各方面の職人を始めとする人材を集め、材料となる素材を生産し、間宮という職場で加工する。
 しかも、職場環境は快適すぎるほどに整えられている。今では失われつつあるインフラが艦内で完全に自己完結しているのだ。

 相手が憎き霧といっても、ここまでされれば歓迎しない人間の方が珍しい。
 まして、多くの自国民を切り捨てた政府の対応に不満を持っている者も少なからずいる。
 慣れてしまえば職人たちはは自然と間宮を霧と意識しなくなった。

 そして間宮で生産された食料品を陸に住む人間たちに提供するのだ。

 もちろん、表立っての寄港がまずいことは霧も承知している。そこは、揚陸艇を使い、販売を担当する人間と物資を密かに上陸させることで対応した。

 北管区と云われる北海道のみ、こうした活動が細々と行われているだけだが、成果は上々であり、今では港に間宮の職人が寄港することを心待ちにしている人々がいる程だ。

 間宮が人間を怯えさせないように、霧の船特有の発光する文様を浮かべなかったのも、原因の一つであろう。
 人類が海上に進出できなくなって、霧の姿を本当に目にした者が少ないのも大きい。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析