ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
●航海日記1 覚醒

 イ403は全身に及ぶ倦怠感とお腹に響く鈍痛を感じながら目を覚ました。
 人間の戦術という概念を学ぶために形成している艦の躯体(メンタルモデル)だが、さすがに生理痛まで再現している訳ではあるまい。

 艦に不調がないかとシステムチェックを行うが、全てオールグリーン。
 機能に問題はなく通常稼働は問題なし。戦闘稼働においても支障はなさそうだ。
 何らかのハッキングを受けた形跡もない。

 ならば問題はないと、襲い来る不快感を切って捨てることは簡単だった。
 ただ無性に涙が止まらないこと以外は。

「な、み、だ?」

 403は躯体(メンタルモデル)の双眸から零れ落ちる液体に驚愕する。
 掠れた声で一字一句、液体を表す言葉を呟いていく。

 涙。人間が悲しい時、辛い時、苦しい時、嬉しい時に流す現象。
 だが、自分は涙という機能を実装して無いはず。だから403は著しく困惑した。

 艦の記録を遡れば躯体(メンタルモデル)を実装、本格的に起動したのはつい最近である。
 だから、感情や動作を模倣する経験が圧倒的に不足している。
 稼働時間が長い他のメンタルモデルと接した経験もなく、陸に住んで居る人間と接触した経験もない。なのに、どうして涙を流している?

 疑問は尽きないが、403はこの現象を解決する手段を模索することにした。
 人類のネットワークを密かに検索。データをアップロードする。
 結論は心が落ち着くまで大人しくしていること。

 心というものが何なのか理解できないが、落ち着くというのは何となく理解できる。
 艦橋から艦の全システムにアクセスし、メンタルモデルの肌に演算時の発光現象。紋章光(イデア・クレスト)を浮かび上がらせる。周囲には空間モニターと演算リングが展開。そうして403の乗った船は海中に静かに潜り込んだ。

 自分は潜水艦という個体に分類される艦船。
 海上よりも海の中の方が落ち着くと判断したのである。
 沈降を続け、一定の深度まで達した時、403は艦の水平を保って海域に止まった。
 少なくとも人間のデータが正しければ、これで涙という現象は止まるだろう。
 その間に状況を確認しておくことにする。

「アクティブソナー使用。反射時に得られた海域の情報、確認。
海域における地形データ照合。霧のネットワークより得られる艦隊の位置情報、確認。
当艦の位置情報を照合。太平洋の沖合?」

 まずは自艦の位置をと、様々な情報を照らし合わせて確認すると、得られた答えは太平洋の沖合に停泊していたという事。

 それも場所としては日本という島国の近くだ。
 付近には日本の海域を封鎖する東洋方面艦隊が巡洋しており、共同戦術ネットワークには403の状況を至急報告せよという命令が通達されている。
 そして姉妹艦の402が、確認の為に此方に向かっているという旨が記載されていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析