ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記18 激変

 ご覧ください。歴史的快挙です。
 本日横須賀に、霧の大艦隊の総旗艦である大和の姿を模した艦艇が入港し、各分散首都(とし)における政府首脳との会談が行われた件ですが。
 人類と霧の間で一時的ではありますが、不可侵条約と停戦協定が結ばれることが決定いたしました!

 残念ながら海上封鎖を解くことは何らかの理由により、為し得ることは出来ませんでした。
 しかし、霧の艦隊総旗艦は海上封鎖の範囲を一時的に緩和すると宣言。
 列島近海における海域の漁業活動と海上輸送のみ黙認される形になるとのことです。
 これにより困窮していた国民の皆様の食生活が改善され、国内における海上からの物資輸送で、流通の活性化が期待されます。

 それ以外目的となる海上進出。
 要約すれば、国内の演習を目的とした軍事行動や、各国の国交における海上渡航、領海を超える横断飛行は禁ずるとの事です。

 繰り返します。国内における漁業活動と物資輸送のみ黙認されます。
 それ以外の活動については、残念ながら今まで通り武力による介入を宣言しており、問答無用で攻撃される恐れがあります。
 国民の皆様の安全のためにも、政府から公表されている海域の外に出ないよう、くれぐれも注意してください。

 また、同様の条約はイギリス、フランス、アメリカ合衆国、イタリア半島などの海域に面している国家を中心に行われており、ヨーロッパで勃発する内戦にも、何らかの動きがあると見られております。

 しかし、各国を海上封鎖する霧の艦隊が何故、今頃になって条約を結ぶ気になったのか?
 これについては、政府は回答をせず、黙秘したままとなっております。

 専門家の間では様々な論議が繰り広げられており、政府内での霧との密約や、霧の艦隊内部で何らかの懸念が発生したとの噂が囁かれていますが、真実は定かではありません。
 一説によると、記憶に新しい横須賀基地襲撃事件において、霧側は戦艦クラスの艦艇二隻を失うほどの深手を負い、戦力回復の時間を稼ぐ為、一時的な停戦に合意したとも見られております。

 近年、霧の海上封鎖による影響で、世界各国は衰退の一途を辿っており、現状維持をすることしかできない状況でした。
 日本では先の襲撃事件も相まって、霧に対する国民感情の悪化は相当なものだと思われ、中には、この停戦条約に反対する市民団体が抗議活動を行っている地域もあります。
 しかし、17年前の大海戦以来、敗北を重ね、追い詰められていた各国が、敵対していた霧と手を取り合えたという事実は、先も述べました通り、歴史的快挙でもあります。

 この映像をご覧ください。
 横須賀に入港した霧のもう一隻の艦船。非武装の給糧艦"間宮"です。
 人々の間で噂されていた北海道で活動を行う、港に入港しては新鮮な加工食品や貴重な甘味を分け与えてくれる職人の存在。
 彼らは封鎖されて久しい海を渡っているらしく、霧が人類に対して何らかのアプローチをとっているとも、政府が極秘で霧に発見されない航行技術を使い、厳しい寒気で困窮する北海道市民を支援しているとも考えられておりました。
 答えは前者であったようですが、霧の中にも人類に手を差し伸べようとする勢力が存在しているのでしょうか?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析