ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
○航海日記2 遭遇

「これで良いだろう。着心地はどうだ。403」
「問題なし。動作良好。コアの処理能力に若干の負荷を確認」
「そこは我慢しろ。これも人間の戦術とやらを理解する一環らしいからな」
「了解。402」

 甲板の上で、生成された自身の服装を興味深そうに眺めている403の躯体(メンタルモデル)
 それを見つめながら、402は苦労した甲斐があったと肩の力を抜いた。

 イ号402のセイルから見える403の服装は、薄い黄色に染められ、所々に紫陽花が装飾された着物である。
 桃色チャイナドレスの400、青いセーラー服の401、端から見ればポンチョにしか見えない402のドレスとも違う格好。

 これは端から見れば一卵双生児にしか見えないイ号姉妹の個性を出そうと、402が特徴的な服装を選択した結果であった。

 着物と一言で言っても日本列島を巡洋する艦隊旗艦のひとつ。ナガトと呼ばれる大戦艦のメンタルモデル程立派なものではない。

 下半身における裾の部分を、際どい位置まで切り詰めているのだから。
 見えそうで見えないとは、まさにこの事を表するのだろう。
 もちろん風が吹けばパンチラである。履いているかどうかは想像にお任せしたい。

 頭には一輪の花簪。
 これもお団子頭の400、もみあげリボンの402と区別するためのトレードマークである。

 霧があらゆる物質を構成するために使う、ナノマテリアルで構築された着物は着心地も悪くない。
 何よりもメンタルモデルを護る最後の防壁としての強力な防御性能を403は気に入っていた。

 人間の思考のひとつを理解出来て、戦術の獲得に一歩近づける。しかも、機能性は悪くない。
 一石二鳥のような合理性に、まだ機械的な判断しか出来ない403を納得させるには充分だろう。

 もっとも、その思考のひとつである402が語った羞恥が何なのか、403にはさっぱり理解できないのであるが……経験はまだまだ不足しているようだ。

「ふぅ、これで一安心だな」

 それらしいことを言って、妹の403を丸め込めた402は安堵の溜息を吐く。
 これから総旗艦艦隊における旗艦にして、霧の頂点に君臨する『ヤマト』の所へと403を連れて行かねばならないのだ。
 直属の上司に当たる彼女に対して、403を全裸で謁見させるなど正気を疑われるだろう。
 少なくとも姉の400から小言のひとつが飛んでくるのは間違いなかった。

 まあ、誰よりも人間らしい大和のメンタルモデルの片割れ、コトノと呼ばれている彼女なら、ここぞとばかりに403を着せ替え人形にするかもしれない。
 有り得そうな光景に苦笑いを隠せない402だった。

「402。思考に若干の乱れがある」
「ただの気苦労だ。気にするな。それよりも、このまま潜航して総旗艦艦隊の元へと向かう。
 そこでコアの検査と総旗艦への挨拶。ついでに任務の指示を貰うから、ちゃんとついて来い」
「了解。402。これより急速潜航準備に入る」

 403は人間を遥かに凌駕する身体能力を駆使して、自身の船体であるイ号403のセイルの上に跳躍する。
 そう、跳躍である。何の装備もなしに、人間には不可能な芸当を当たり前ようにやってのける。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析