ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記3 指令

 日本列島から遠く離れた海域にて、その艦はあらゆる波を物ともせず、まさに不動の如しだった。
 既存のどのような船も、その船の前では小さく矮小な存在に思えてしまう威容。
 巨大な船体に浮かぶ巨砲に、都市に建築された塔にも劣らない艦橋。
 人間が正面から見据えれば、立ち並ぶ三連装の主砲と立派な艦橋に圧倒されてしまうのも無理はないだろう。

 遠目から見ても己の存在を主張するそれは、海に浮かぶ城といっても過言ではない。

 戦艦『大和』。
 今でも戦艦として世界最大の排水量を誇る彼の船は、大戦艦を超えて超戦艦と評される程の大きさを誇っていた。
 そこから繰り出される火力と、備えられた防御力は推して知るべしである。
 そして船体に浮かび上がる発光した文様が、彼の船を霧の戦艦であること物語っていた。

 その艦橋の頂上に背筋を正したまま立ちつつける二人の女性の姿がある。
 一人は装飾があまり施されていない、質素ながらも立派なドレスに身を包んだ女性。
 もう一人は海軍士官学校で支給されるような、白い制服に身を包んだ女性だ。

 二人の姿はまったくの瓜二つで、双子どころか同一人物と言われても違和感がない。
 背格好が同じならば見分けることが出来ないのは明らかだった。

 彼女達は『大和』の演算素子によって形成されたメンタルモデル。
 ドレスの方がヤマト、セーラー服の方が、モデルとなった人物の名前を借りてコトノと名乗っている。

 一部の戦艦に搭載された膨大な演算能力を誇るデルタ・コアにのみ許された。
 一つの艦に二人のメンタルモデルを有した存在。
 そして日本の海域を封鎖して人類の艦艇を海に出さないようにする艦隊。
 霧の東洋方面艦隊群の全てを指揮する総旗艦でもあった。


 そんな彼女達は、ユーラシア大陸とアメリカ大陸に囲まれた北極海の入り口に『大和』が停泊しているにも関わらず、寒さの影響を全く受けていない様子。
 それは些末と言わんばかりに、じっと氷に閉ざされた北極海の先を見据えている。
 まるで何かを監視するかのように。

「人類との大海戦の合間に対峙して以降、何の動きも見せようとしないわね」
「そうですね。恐らくは期を窺っている。人類、霧の双方を滅ぼす為の行動を起こす時期を」
「あれが無差別に破壊を振りまく兵器群の元凶なのは間違いない。けれど、戦術を有さない霧が戦っても、勝算は少ない」
「だから、千早群像の成長に賭けたのでしょう? 彼が経験を積んで艦隊の指揮を取れるような艦長となる為に」
「そう、私達と翔像のおじさまでは手が足りないもの。方面艦隊の指揮を取れとは言わないけど、分遣艦隊位なら率いて欲しいわ」

 互いに言葉を交えながら、二人の少女は会話を続ける。
 それは会話というよりも確認といったような意味合いが強く。事実、二人は同じ情報を共有するが故に、互いが何を言いたいのか理解している。
 もっとも経験の部分ではコトノと呼ばれるメンタルモデルの方が上だった。
 彼女はある意味で特別なのだ。

「どうやら来たようです」
「もう、待ちくたびれたわよ? 402。403」

 ふと、何かに気が付いたかのように、ヤマトとコトノは艦の左舷に視線を向けた。

 徐々に海面に姿を浮かび上がらせたのは二隻のイ号潜水艦。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析