ハーメルン
蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza
航海日記6 援護

 人類に残された数少ない海洋戦力である護衛艦。
 『あまつかぜ』と『たちかぜ』の名を与えられた二隻の船は、敵の砲撃を受けて回避する間もなく轟沈した。
 現有する人類の水上戦闘艦では回避できない速度で放たれた光弾のような砲撃。
 それが船体を撃ち貫いたのだ。操艦している人間は退避する間もなく死んでしまっただろう。

「水上から破砕音。あまつかぜ、たちかぜが轟沈!」
「ッ……間に合わなかったか」

 ソナー員の報告を聞いて、イ号401の艦長である千早群像は歯噛みを隠さず、悔しそうにする。
 そして重要な積み荷の打ち上げを護る為に、最後まで逃げずに戦い続けた船員たちに敬意を表するとともに、彼らの想いを無駄にしない為にも作戦は何が何でも成功させると決意を新たに群像たちは戦場を行く。

 蒼き鋼、霧を裏切り人類側に組するイ400型潜水艦の二番艦。通称イ401と、それに搭乗する千早群像を初めとした五人の船員たち。
 そしてイ401のメンタルモデルである、イオナと呼ばれる少女。
 彼らは佐賀県鹿島市に建設された打ち上げ施設の防衛を依頼され、佐世保にある拠点から急行してきたのだが、どうやら戦闘は既に始まっているらしい。
 副長の織部僧が小型の無人戦闘機からの映像を受信して、モニターに状況を映しだしているが、人類側の劣勢としか言いようがない。

 相手は第二次世界大戦に見られた旧式の軽巡洋艦一隻。
 しかし、只の相手ではなかった。
 それは霧の艦隊と呼ばれる艦船の一隻であり、人類の技術で打ち破れない絶対防御と圧倒的攻撃力を持つ戦闘艦である。

 モニターに映る霧の軽巡洋艦は湾岸防衛隊が放つ攻撃を全て無力化していた。
 打ち上げ施設付近に展開した戦闘車両から放たれる対艦ミサイルも、沿岸に設置された砲台から放たれる連装砲も、行く手を阻む為に併設された機雷すらも物ともしない。
 その尽くが絶対防御の前に阻まれて、決定打となりえないのだ。
 故に霧の軽巡洋艦は速度を緩めず、湾内をさらに突き進む。

 その先には宇宙センターの打ち上げ施設があり、敵が打ち上げ準備に入ったSSTOを狙っているのは一目瞭然。
 今は辛うじて放たれた対地ミサイルを、防衛隊の迎撃ミサイルが撃ち落としているが、それもいつまで持つか分からない。
 遠からず霧の軽巡洋艦に装備された連装砲の射程に入るだろう。
 そうなればSSTOも無事では済まない。確実に破壊されてしまう。

「イオナ、相手のデータは分かるか」
「分かる。データを表示する」

 群像の命を受け、イオナは肌に発光する水色の紋様を受べて、モニターにナガラのデータを表示した。

「長良級ナガラ。軽巡洋艦。排水量6010t。強制波動装甲装備。12.3センチ連装アクティブターレット3基6門で各種弾頭や光学兵器を発射可能。艦艇部に魚雷発射管12門。船体の側面にも連装魚雷発射装置複数。その他レーザー高角砲が三門。高角砲は浮遊させて射角を変えられる。ミサイル発射管及び近接攻撃・迎撃システムが多数。」

 イオナはそれを淡々と機械的に、感情の籠もらない声で読み上げていくと、群像はナガラのデータを正確に頭に叩き込んでいく。
 イ401とナガラの戦闘力を比較し、相手に対してどのような戦術を取るべきなのか対策しているのだろう。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析