ハーメルン
Metal Gear Solid/ Ark of ■■■■
4−1

2月3日 AM08:15

ロドスアイランド製薬会社、人事部

この日、朝から人事部は少しだけ慌ただしかった。
というのも、BSWから常駐オペレーターとして来ていたフランカとリスカムがロドスに戻り留学生として新人オペレーターも連れてきたから……だけではない。
先日発信された信号から、チェルノボーグで1人の生存者を発見し連れてきたのだ。予定外のことであったが、感染者やその他大勢の難民を一斉に引き受けることもあるロドスである。ましてやそれら大人数を直接捌いていた人事にとって、たかが1人増えただけでは大した仕事にはならなかった。

とりあえず、予定通りの3名は簡易的な源石汚染の確認を行い、追加の1名には簡易検査と精密検査を行う必要があるため、医療部に連絡し検査の手配、あとは本人の希望調査と目的、念のため適正検査もそれとなく受けてもらう。
ロドスの理念や規則を遵守し、協力してくれるなら誰でも採用する、と意訳される採用基準があるロドスにとって、やってくる人は全て採用候補者ともいえる。尤も、ロドスが求める人材にもレベルがあるため、大抵は選考されることもなく、難民として過ごす人間が多いが、意志があればそれを拒むこともない。

とにかく人手が足りないのだ、採用できる人間は採用する

それがロドスアイランド人事部の信条である。
尤も、その採用できる人間という部分は極めて判断が難しいところでもあるが、採用プロセスの最初の関門としての役割を果たす、という志のもと彼らは働いている。

そんなわけで、たかが記憶喪失の住所不定無職の中年男性を1人、ロドスの採用プロセスに掛けることなど、なんということはない。優秀な人材を見逃さないスクリーニング検査に過ぎないのだ。

とりあえず、男性には搬入口近くの控え室で待ってもらうことに。すでに洗浄も済んでいるが、艦内を自由に歩いてもらうわけにはいかないため、個室で過ごしてもらう。もっとも、血液検査の結果さえ出てしまえば、共有区画で自由にしてもらっていい。
検査結果は30分後には出るだろうからその時にまた来ますね、と営業スマイルをして、人事部の職員は部屋を後にした。


ーーー1時間後ーーーー


医療部からすぐに男性を隔離室に移動させ、精密検査の実施とBSWの3名から男性に関する事情聴取を行うよう人事部に要請された。その要請者にワルファリンと書かれていたため、最初は『また何かやらかしているのか』と人事部では思われたが、直後にケルシー先生から『すぐに私のラボに連れてくるように』との指示が来たことから、何かしらあったらしい。

人事部の数人が来て搬入口へと向かうと、数人オペレーターが搬入口を封鎖していた。そのまま近くの部屋に入ると男性が驚いた顔をしながら人事部の職員を見ていた。30分で終わると言っていたのに、突然複数人できたら、そりゃ不審に思うだろう、と職員も思いながら男に声をかける。

「お待たせしてしまいすいません。少し移動することになりました」

「移動?共有スペースではなくてか?」

「はい」

「……まあいいだろう、拘束するか?」

「しません、上からの指示で移動して欲しいだけですし」

「そうか、なら行こう」

素直にしたがった男と共に、ラボに直行する。
できるだけ誰にも接触しないように、との指示もあったため、医療資材搬入用のエレベーターから直接ラボへ向かう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析