ハーメルン
ラブライブ×イナイレGo~虹の彼方に~
第6話:バレた

栄都学園戦後半が始まり、栄都MFの服呂がドリブルで上がって来る。そこに浜野先輩がディフェンスに行くがわざと抜かれ冴渡にパスが繋がる。

冴渡:「[パーフェクトコース]!!」ドシュッ

三国:「(これで最後だ)[バーニングキャッチ]!!」

必殺技を使う三国先輩。しかしやはりわざとゴールに入れて0 ー 3。

歩夢:「後はこのまま試合を終わらせるだけだね」

竜太:「・・・・本当にそれで良いんですか?」

彼方:「・・・従うしかないんだよ」

竜太:「あまり天馬を、「サッカー馬鹿」を舐めない方が良いですよ?」

雷門ボールで試合再開。果林先輩がドリブルで上がるが阿久田川にボールを奪われる。しかし、

天馬:「させるかあっ!!」

天馬がボールを奪う。

せつ菜:「松風くん()めてください!!」

天馬:「嫌だ......!! 勝敗を決められてわざと敗けるなんて、本当のサッカーじゃない!! こんなサッカー、俺が憧れた雷門イレブンは、「イナズマイレブン」なら、絶対に認めたりしない!!」

神童:「っ!」

天馬:「俺たちは、円堂さんや豪炎寺さんたち、あの人たちの意思を受け継ぐ雷門イレブンなんだ!! だから俺は、絶対にサッカーを諦めない!!」

天馬はやっぱり俺が見込んだ通りのサッカーバカだった様だ。それでいい。

先輩:(そんなの・・・俺(私)たちだって、本当は........!!)

天馬:「神童キャプテン!!」パスッ

神童:「!!」

天馬:「お願いですキャプテン! サッカーを・・・諦めないでください!!」

霧野:「止めろ松風! そんなこと、神童が一番分かってる!! 「俺だって......」神童?」

神童:「俺だって・・・本当は!! だが俺はキャプテンだ! 雷門サッカー部を、守らなくちゃならないんだーーーーーーー!!!!!!!

神童キャプテンが叫んだ瞬間、神童キャプテンの背中に黒いモヤのような物が現れ、人のような姿を形作る。

歩夢:「化身(けしん)!?」

っ!? キャプテン、化身を宿してたのか!? だけどコントロールが出来てない。あれでは本来のパワーは出ないぞ。

霧野:「神童!! 落ち着け!!」

神童:「うあああああああ!!!」ドッガァァアアアアアン

神童先輩は化身を出した状態でシュートした。化身の効果で、ただのシュートもとてつもない威力になっており、

影浦:「うわあああああ!?」ザシュウッ!!

シュートはゴールに突き刺さった。

影浦:「0 ー 3じゃ無かったのかよ........」

せつ菜:「やってしまいました.......」

果林:「ど、どうするのよコレ!!」

そして試合終了のホイッスルが鳴り1 ー 3で雷門が負けた。

そしてその次の日、久遠監督の解任が発表された。その日から神童キャプテンは学校に来ておらず俺たち一年、特に俺と天馬と信介は部内で孤立気味になってしまった。そして新監督が来る日、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析