ハーメルン
犯罪多重奇頁 米花
死者の食卓04

 次に話を訊いたのは、編集者の根岸浩樹だ。彼は編集長である井本(いもと)と共に偲ぶ会に参加していた。

「私は水曜日の朝……ええと、8時を少し過ぎた頃に先生の自宅へ伺いました。連載の原稿を受け取りにです」
「何故、直接受け取りに? パソコンでデータのやり取りはしていなかったのでしょうか」
「先生の自宅はインターネットが整備されていなくて、パソコンもお持ちではなかったので。いつもはFAXで原稿を送っていただいていましたが、FAXが故障してしまい私が直接」

 安室の質問に根岸は記憶を掘り起こすようにゆっくりと答えた。
 根岸は神経質そうな面持ちの背の低い男だった。隣の井本もその日のことを覚えていたらしい、編集部に戻った根岸から聞いた那須野の状況を思い出していた。

「確か、先生とは直接会えなかったんだよね、根岸君。訪ねたら寝ていたと」
「はい。チャイムを押しても反応がなくて、家の鍵がかかっていなかったので失礼したら寝室で大きなイビキをかきながら眠っていました。幸いにも、リビングのテーブルの上に原稿が入った封筒があったので、それをいただいて失礼しました。自宅を出たのは8時半で、そのまま東京の編集部に出勤しました」
「これが、受け取った原稿が乗った来週発売の最新号です」
「ほう……ところで、テーブルには封筒以外の物はありましたか?」
「いいえ。テーブルの上には原稿だけでした」

 根岸の話が本当なら、那須野の死と大量の料理は水曜日の8時半以降にもたらされたこととなる。
 井本が見せてくれた那須野のエッセイが掲載されている美術雑誌は、彼の特集が大々的に取り上げられている。殆ど根岸君が主導して企画してくれたと、井本は自慢げに部下を持ち上げるが当の根岸は恐縮しっぱなしだ。
 謙虚なのか、それとも那須野の死を売り上げに利用した罪悪感でもあるのか。
 最後は、レストランオーナーの別府時哉だ。

「火曜日の午後ですね。自家用車で那須野さんの自宅に、時間は……いつ着いたかははっきりと覚えていませんが、夕方前だったので恐らく3時頃だったと思います」
「那須野さんを訪ねた目的は?」
「那須野さんのワインコレクションを譲り受けに。彼は素晴らしいワインを何本も所有していたのですが、処分したいと仰っていまして、うちの店で引き取らせていただきました。今日も何本か、那須野さんが好きだった銘柄を持って来ています」
「何故、那須野氏はそのような素晴らしいコレクションを処分する気に」
「医者に酒を止められたそうです。今までも止められたことはありましたけど、今回は相当きつく注意されたのかもしれませんね……全部持って行けって、たくさん積み込まれましたよ。その日は、日が暮れる前に急いでお暇しました」

 別府はお洒落で洗練された男であった。
 軽食を運ぶウエイターを呼び止めて、自身が持って来た那須野のワインをエドモンに一杯差し出したが、彼は丁重にお断りをした。じゃあ俺が、と小五郎が手を伸ばそうとしたら蘭に止められた。
 この親父油断ならねぇな、とコナンが陰で苦笑いをする。

「ところで別府さん。貴方、レストランのオーナーですが、ご自身は料理を?」
「はい。元はいち料理人でしたからね。今でもたまに厨房に立ちますよ」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析