ハーメルン
犯罪多重奇頁 米花
死者の食卓05

 食堂の一角にあるマリー・アントワネット主催のお茶会、サロン・ド・マリー。生前の彼女に関わりのあるサーヴァントや、カルデアに召喚されてからの知己が招待され、可憐で穏やかな時間を過ごす癒しのお茶会だ。

「犯人は、やっぱり婚約者の女じゃないかな。よくある話さ、年の離れた若妻が遺産欲しさにお盛んな愛人と共謀して年老いた夫を殺すってね」
「下品な発言を慎め、アマデウス」
「それじゃあ、君は推理とかできるのかい。サンソン医師」
「うむ……でも確かに、テーブルに並んでいた大量の料理はどれも高脂質・高カロリーの物。健康上の理由で酒を止められた方にそんな料理を振舞えば、早死にする可能性は高い。あの料理は婚約者の女性が作ったのだとしたら、やはり彼女が」

『カルデア探偵局』の依頼内容は、こちらのノウム・カルデア内でも情報共有されている。中には、立香たちが手に入れた情報を基に独自の推理に興じている者たちもいた。
 お茶会の話題としては少々物騒だったが、サロン・ド・マリーでも本日の話題は奇妙な死者の食卓だ。アマデウスとサンソンは、参道ひとみ犯人説を支持するようである。

「私は、婚約者の女性は犯人ではないと思うわ。彼女は彫刻家の男性を深く愛していたの、勿論男性も彼女を愛していた……だって、ワインを全て処分してしまったのでしょう。お酒を止めたのはきっと、若い婚約者と一緒に1日でも長生きしたかったからよ」
「それが真実なら、とても素敵なお話ですね王妃」

 柔らかく微笑むマリーと、彼女に釣られて麗しい顔を綻ばせるデオン。
 物語を穿って見るならば、どうしても那須野とひとみの年齢差に目が行ってしまう。だが、年齢差の結婚=遺産目当てなどありふれすぎてマンネリだ。
 それに、遺産目当てだと推理するならば決定的なミスがある。ひとみは那須野の遺産を相続できないのだ。

「はい! わたしも参道ひとみさんの遺産目当て説は違うと思います。かの特異点の法律では、那須野氏の遺産は全て肉親である淑子さんが相続し、婚約者の立場であるひとみさんに相続権はないのです。なので、本当に遺産目当てで那須野さんを殺害したのなら、籍を入れてから実行に移すと思います。遺言状の類があれば少し変わってきますが」

 流石ミステリーを嗜むだけはある。サロン・ド・マリーに横から失礼したマシュの推理は理に適っていた。
 ところで、立香のオペレートをしているはずのマシュが、何故食事時でもないのに食堂にいるのか?
 それは、彼女の隣にいる名探偵に連れられてきたからだ。

「確かに、ドクター・サンソンの言う通りこの食卓のメニューに偏りがある。マスターたちの意見の中では、ミスター・サリエリの発言が最も的を射ていた」
「まあ!」
「え、何? 正解しちゃったの、あの砂糖大好きおじさん」
「マスターたちへ材料(ヒント)を提供するために、その道のプロに意見を訊きに来た」

 ホームズが言うその道のプロというのは、厨房内で夕食の仕込みをしているキッチン組。及び、子供サーヴァントたちにせがまれて幸せのふわふわパンケーキを焼いているゴルドルフ新所長のことだ。
 厨房に立つ者たちへ那須野尊史の死亡現場にあった料理の写真を見てもらえば、三者三様におかしな点を指摘した。


[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析