ハーメルン
犯罪多重奇頁 米花
死者の食卓05

「そ、それは……」
「たくさんの料理って言えばさ。この間の夕ご飯も、テーブルに料理がたくさん並んだよね。餃子とか、お好み焼きとか」
「おや、何でそんなに料理が?」
「それはですね。誰かさんがアイスを探した時に、冷蔵庫から出した冷凍食品を入れ忘れたせいで解凍されちゃったんです」
「あ、スイマセン」

 先日の毛利家の食卓は、事故で解凍されてしまった冷凍餃子や冷凍お好み焼きなどの冷凍食品の処分パーティだったのだ。アイスを探していた犯人は蘭に睨まれた小五郎である。

「でも、冷凍食品でよかったね。これが生物(なまもの)だったら、もっと大変なことになってたもんね」
「……ん、生物…っ! 分かった! 何故、犯人は大量の料理を作ったのか。そして、犯人の正体が分かったぞ!」
「流石! 名探偵毛利小五郎だね!」

 今、コナンの何気ない発言が事件解決のヒントになっていなかったか?
 彼の発言が名探偵の中で答えを導き出した……その答えを知っている者たちなら気付くだろう、無邪気に発せられた()()()()()()()()()ヒントに。

「クハハハハハ! 聞いたか立香。あの少年、やはり相当な切れ者だ」
「あいつがオッサンを操っているんじゃね?」
「いやそれは流石に……」

 子供の姿をしたサーヴァントじゃああるまいし。アンリマユの発言を否定した立香だったが、勘繰ってしまう気持ちは分かる。
 先日の事件で証拠を見つけたことといい、年齢の割には博識で熱心なシャーロキアンといい、江戸川コナンという少年は見た目に不相応な知能を持っているのかもしれない。
 サリエリが屋敷のオルガンで即興の演奏会を開催したお陰で、容疑者3人を足止めできた。ジャンヌに連れられてきた紺野、別府、根岸と、双方の依頼人である淑子とひとみもやってくると、役者は揃った。探偵のための舞台は整った。

「那須野尊史さんの死の真相が分かりました。やはり、彼は他殺だったのです。那須野さんを殺害し、テーブルの上に大量の料理を並べた犯人は……根岸浩樹さん、貴方だ!」

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析