ハーメルン
TSレッドは配信者
「マサラタウンに さよならバイバイ」 Part.2

 それは5年前のことだった。
 まだ、レッドが年相応に元気で活発な子だったころ。

 ピチューがタマゴからかえってしばらくして、レッドはピチューといっしょにマサラタウンを駆けまわっていた。
 
「やっとポケモンバトルができる!」

 ポケモン世界に転生してからはや7年。
 ピチューがはじめての手持ちポケモンとなって、夢にまでみたポケモンバトルができるようになった。

 テレビのむこうではジムリーダーや四天王が挑戦者たちとプライドをかけて全力のバトルを魅せ、レッドもテレビにかじりつくほど魅了されていた。

 それを、自分もできるようになる。
 ピチューがタマゴからかえってからは寝食も忘れるほど没頭して、ふたりとも片ときもはなれず互いになついていた。

 だから当然、母親にこんなことをいう。

「ぼくもポケモンバトルしたい!」

 瞳をキラキラと輝かせ、まぶしいまでのとびっきりの笑顔で親におねだり。
 この世界の人間としても、ポケモンがゲームの話である世界の人間としても、あたりまえの発言。
 絶対に「いいよ」といってもらえると確信している、子どもとくゆうの輝く笑顔。

 だきかかえたピチューもキラキラの笑顔でかおをいっぱいにしていた。

 だけれど、
「ぜったいに、ダメです」
 そのひとことが、夢を否定した。

 


◆ マサラタウン ◆


 中央広場には人だかりができている。
 なんだなんだ、とマサラタウンの住民たちがそこかしこからやってきたのだ。

「ルールは単純。1対1(サシ)のシングルバトル。道具、もちものは使用禁止。どちらかのポケモンがたおれるか、降参すれば決着だ」

 これはいわゆる「腕試し」に、つまり相手の力量を図るのによくつかわれる対戦ルールだった。

 道具やもちものをつかえないからこそ、純粋なポケモンとトレーナーの実力が問われる。
 どこまで相手の手札をみきれるか、どこまで相手の出方をよみきれるか、どこまで相手の弱いところをつけるか。
 1対1では、負けたらおしまい。次のポケモンでまきかえしを図ることもできないから。

「う、うん……!」

 ぐっ、とレッドが胸の前で拳をにぎる。
 今、おおぜいがふたりのバトルを見学しにきている。

 いつもの配信よりずっとすくない。
 だけれど、画面の向こう側の視聴者とちがって、幼いころからしっている人々にリアルでバトルをみられるのは、どうしてもはずかしい。

(まあいい。バトルがはじまれば、あの性格になるだろ)

 グリーンはそこを心配していなかった。
 自分もあの遠慮しがちな様子にだまされた人間だ。

 バトルになって格好つけてくれさえすればいい。

「レッドー! あぶなくなったらすぐいうのよー!」

 カオリはといえば、ここでレッドが負けて、またこんな変なことを言い出さないでくれれば、それでいい。
 この母親からしてみれば、ポケモンバトルは「だいじな家族をわざわざ傷つける」ものだから。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析