ハーメルン
メモ書き倉庫
「君は、私を選んだのだから」(イルザ)

イルザさんがグランくんと団員達との触れ合いを見て、その嫉妬の言葉をベッド上で吐き出すお話。
貪り合う前の、理性を失う前の会話。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析