ハーメルン
maw medarot tue another world
Phase-18 New face

です久凪さん」
もっと解らなくなったこの人は誰なのかそれと網島に抱き付いて来るロボッ
トは何なのか、もう何なのか踏んだり蹴ったりだ。
「貴方が網島主太と言ってたね、 私の名は河村久凪」
自分の名前を言われた圭大は 「そっ…そうだけど」 と答えた
「貴方の傍らに居るロボットの分類は『メダロット』と分類されててその子の
名前は『シェリフ』となづけたの、此処に居る要佐倉は貴方に頼んだ仕事は最
後のテストパターンを試したいの」
「…はあっ?」
圭大の傍らに居るその『シェリフ』と名付けたロボットの傍から何か聞にえて
来たよく聞くと 「パバ…·バパ··」 と繰り返し嘘いた。
余計こんがらかった
佐倉は次にこう言った 「分かりやすく言えは傍に居てデータを取ってくれた
らいい、 それだけなの」
「それだけ·…?」
網島がそう言うと要は頭を縦に振った
網島は亜然とした。
その後別の部屋で網島の傍に居るシェリフと名付けられた、 謎のロボットも
といメタロットに関する資料を渡された。 第三世代 R.S、 マッスルケーブル
そしてメタル
何故そのロボットの名称が『メタロット』 と名付けた理由が其処にあった
しかしそれはまだ良い、 問題なのは何故か懐かれた理由だ
「後コレ『メタロット』を扱うのならコレを持っていて」とついさっき久凪と
言ってた女性から腕輪を渡された、 網島はコレの使い方が解らない
声で反応すると言ってたが、 しかしそのシェリフと勝手に名付けたメダロッ
トはさっきから「パパ…パパ…」と懐かれてる網島にとっては傍迷惑にも程が
あった。
確かメダロットの背中にメタルをはめ込む仕組みだが網島は背中のハッチを開けメダルを抜いた、 当然其処で機能は停止した
網島は誰にも見つからずに施設から逃げた
その後放置されたシェリフは如何したかというと久屈と問矢が見つけた
翌日の夜、網島は管ての高校の仲間と供に東京都のとあるバーで合コンをし
ている時の事。
網島と2人の高枚の仲間と出会い系サイトで知り合った女性三人で和気識々
と話をしていたら、 網島の携帯電話から電話が鳴った。
圭大が通話に出たら他人に聞こえる位の大声で「パバッ何処にいるのパパッ」
主大は慌てて電話を切ったが
高校の仲間と三人の女性はその場を後にした
網島主太は大ショックを受け自分で携帯電話のヒンジを真っ二つに折った
主太は完全に自葉酒に為った
気が付くと主大は見知らぬ人の家の中に居た
圭大の視界から栄来二が其処に居た、 同時に圭大の上に何かが跳びかかって来
た。
主太はこう想った 「不幸だ」
Phase-18 fin

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析