ハーメルン
白兎が精霊に愛されているのは間違っているだろうか?
プロローグ

「よし、これくらいかな」

 どうも皆さんこんにちは。僕の名前はベル・クラネルといいます。

 今は一緒に住んでいるお爺ちゃんに頼まれて、森に薪を拾いに来て十分に集まったので帰るところです。思っていたより時間がかかってしまったので急いで帰ろうと思います。心配をかけたくないしね。


 もと来た道を戻りながら今日の夕飯は何だろうか、と考えていると...



 
『だ・・・だれ・・・か・・・・・・たすけ・・て・・・・・・』



「!」


 そんな声が微かにだが聞こえた。ベルは背負った薪を投げ捨て声のするほうへ駆け出した。声のする場所に着くとそこには一人の少女が倒れていた。まるで初雪を連想させる肩口まで整った銀髪。着ているのは髪とは真逆のどこまでも黒い漆黒のドレス。どこか不思議な雰囲気をしていた。


「大丈夫!?」


 ベルはすぐに少女に近寄り抱き上げ声をかけた。少女はうっすらと目を開けた。まるで月のような美しい金の瞳が僕を写す。顔はとても赤く、息遣いも荒い。うなされているのか時折苦しげな声を出している。


「もう大丈夫!君は僕が助ける!だから、安心して」


 僕は少女の手を握りながらそう語りかける。僕の言葉に安堵したのか、少女の息遣いはだんだん穏やかになり僕の腕の中で眠りについている。


 それを確認した僕は、少女を背負い急いで家に向かった。今のところ落ち着いているようだがまだ安心はできない。早く安全な場所に連れて看病しないと。僕は少女に気をつかいながら駆け出した。



ーーー翌日


 少女は目を覚ました。そこには見たことのない風景が広がっていた。


「・・・こ、ここ・・は・・・?」


 そんな疑問をつぶやくと同時にドアが開く音がした。そちらに顔を向けると兎のような少年がいた。白髪に真っ赤な瞳、まだ幼さが残る顔。彼女を助けた少年ベル・クラネルだ。


「!目が覚めたんだね!よかった~。すごい熱でうなされていたから」


 少年は目を覚ました少女を見て安堵の息を吐きそんなことを言ってくる。少女はそんな少年を見つめて首をかしげながら少年を見つめる。その視線に気づいたのかベルは少女に語り掛ける。


「昨日森の中で倒れている君を見つけたんだ。とても苦しそうだったから僕の家で看病してたんだ。大丈夫?苦しいところはない?」


 ベルはそう伝えるが、少女はまだ不思議なのか少年を見つめたままだ。どうしたんだろう?と思っているとまだ自己紹介もしていないことに気が付いた。


「あ、自己紹介がまだだったね。僕の名前はベル。この家にお爺ちゃんと住んでるんだ。君の名前は?」

「? ・・・なま、え?」


 少女はこてん、と首をかしげる


「え、名前分からないの?」

「・・・なま・・・え・・・な、い・・・・」


 少女はそう答える。僕は腕を組みながらうーんとうなる。


「んーそれは不便だなー」 

「・・・べ・・るが・・・つけ、て」

「え?僕が?」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析