ハーメルン
medarot tue another world 4 medarot tue Fourth contact Code name medarot EX
FILE-01 闇に堕ちて

7月上旬、多《にとってそれは突然起こった。
反口ボットテロ組織『メタルキラー』に因る同時多発通信インフラの破使。
基地局、光ケープルの配線等に仕掛けた爆弾が爆発して多くか大混乱に唯っ
た。
後の世に言う『「天の川の反乱』と称したこの事件は人々は警察や病院への通報
がままならず自己の身を護る事で一杯だった、 技術者達は天の川を拝めな
い位に通信インフラの復旧に勤した
話は約三ヶ月以上前に週る
「言ってくるよ、 母さん」
「ええ、言ってらっしゃい、柳生、気を付けて」
身支度を整えて家を出た子供を母、唯は見送った。
櫻井柳生が向かう先は東京都荒川区西日暮里に在る『開成高校1に入学する海
に徒歩園内にあるアパートに一人向かった、 難関校と言われた開成高枚の試
験に合格出来たのは弛まぬ努力を続けた結果
今、 柳生は家を出たら家に居るのは母親の唯一人になる、 昔は5人家族だっ
た、父親、雷蔵、母親、唯,長男、瞬一、次男、大樹、三男、柳生》
が瞬一は高校生に為って一ヶ月も経たない内に其処の高校の不良達にメダラ
イザーを取られた上に強烈な一撃で殺されたらしい、 メダロットを持ってた
理由は、
彼は先天性白被症に因り頭髪は白く目は蒼く皮膚も白い、
一部の人は其れを美しく感じるかも知れないが其れを良しとしない人達に因
って虐めに遭い、プラモデル用の塗料で無理矢理黒く塗られた事が切っ掛け
だった。
ここまで酷い事が遭っても学校側が何もしなかった事から。
大樹は喧嘩ばっやい性格で物静かな長男とは違う性格だった、 在る時父を唯
嘩して家を出る時『俺は軍や警察の様な集団の正義には吐き気がする』と言っ
て家を出た後、
新宿で喧嘩して相手のナイフで刺されて死亡した
父親の雷蔵は地球連邦軍の軍人だが反政府武装勢力の潜む戦地で戦死したと。
4月、アバートにに入居して家具の整理をした翌日、 入学式を無事に終えた、
高校デビューに見事成功した
地まぬ努力は今も続いていて周りから『エリート』の名を欲しいままにした。
そんなある日の事、
「貴方が機井さんだっけ?」
「そうだがあんたは?ああ…奈軽だな」
「ははっ…忘れるなよ柳生」
奈照は柳生に触れようとしたが払われた
「ツク何も払う事は無いしゃ無いか」
「よおっ柳生、久しぶり」
「瀬川か」
「ははっ…それにしても柳生、 あの難関の開成高校に一発で合格出来た何て
御前凄いじゃ無いか」
「まあな…」
「そうだ景気づけに」奈は鞄から缶ジュースを3本取り出し
「乾杯といこうじゃないか、 かんば一い」模井も其れに応して缶ジュースを手
に持った。
その日の夜の事、
買い物帰りの途中、 模井は建物と建建物の隙間の脇道で誰かかの悲鳴を聞こえ
た、
柳生が覗くと頭に血を流して倒れた男性とその近くに金槌が置いて在った。
一体何があった?と思ったその時
「御巡りさん、 あの人です」 の声か聞こえた
柳生が振り向くと其処には暗くて見えないが高校生位の男性と警察官の姿が、
咄嗟に柳生は逃げた、 鞄を置いて逃げた。 西日暮里駅に入り切符を買おうとし
たが途中で警察の姿か見えて来たので途中で止めて使う事は無いと思った
PASMO を使って改札を通った、 駅のホームに入って電車に乗ったただこの

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析