ハーメルン
medarot tue another world 4 medarot tue Fourth contact Code name medarot EX
FILE-03 窓から見える空

ボクハナニモナイ、カラッポ”、ナたモデキナイ
ワカラナイ、ナマエ、ワカラナイ。ボクノ、ナマエ…ナマエハナニ
ボクハイツモマッシロナセカイに体、ココハドコ?
イツカラガフカラナイ、ボクノけマエツフカラナイ2
ドコマデモマッシロ、 ズットマッシロ、 ドコカラカドコマデガワカラナイ。
イフカライツマデ、ソレハワカラナイ2
デモアルヒ、アルヒマアルヒッティツ2ワカラナイ、 タ"レカガボクニチカグク、 キミタチハダレ2ボクノナマエハ…ナマエハ、 チニ?
デモソノヒトタチハザッタ、ルカラダ、 ドコカラカこえがキコエル
…きこえる…?ダレ、 ボクニカタリカクテクルのは
...
きこえる、 キコエル、 キュエル。 あなたはダレ?
だれ、ダレ。ダレ、 だれたれたれだれたれだれたれたれだれ。
…デモ、ソノこえハキュエナイ、 キュエナクナッタ。
モウニトトアノコエハモウキュエナイダロウ、 ボクハアンシンシタ、コレデエックリネムレル
…ネ私レル2ネムルッテナに?ポクニナニヲスルキ、
...
…シバラクシテアノこえがキコエテきた
まただ。
アナタはダレ?なぜタリカクテく るの
デモマタアノコエハキュエナイ、ソシテつきノヒモツギのひモツギンひも
ケッキョクアナタハナニヲしたいの
…なまえ、 なまえは…確か
…僕の名前は、
...
青木隼大
確かそんな名前だった
そして僕は目を覚ました、 何処かの病院のペットの上に寝ていた
此処は何処だ。
部屋の中はペット以外に千羽鶴が吊るされていて窓辺にレコーターが置いて
在った
何処なのか分からないから部屋の外へ出た
扉の鍵は掛かって無いらしく簡単に開いた
病院の廊下なのは分かるでも何処の病院かは分からない
病院の廊下を歩いていると二足歩行する人型ロボットと出逢った
二足歩行する人型ロポットはアニメの世界にしか無かった。 二次元のそして
空想の世界の産物の答だ
それから看護士に捕まった、
数分後僕は病室のベットに居て廊下からは話声が聞こえた。
暫くして一人の老人が部屋に入った。
老人はこう言った、
「…青木君、この後の事を言う」
「…何です?」
「君はこの後『出雲学園』に入学して置こうと思う、 何あそこは色々と訳あり
の人達が沢山居てな。 青木君の様な人が居ても問題は無いと思う」
「其れより貴方は誰です」
「…言い忘れてた 50年ぶりだな貴方の従妹の子だよ」
「驚くのも無理は無い、 だが今の私に出来る事は之しか無い。分かってくれる
か」
青木は領いた。
青木は事実上の退院をした後、 知らない大人の人に連れられ羽田空港で飛行
機に乗り地方の空港へ着いた
空港を出て着いたのは出雲市、 島根県に在るあの出雲市の事だ。
空港を出て直ぐタクシーに乗せられ暫く走った後、大きな学校に辿り着いた。
「…此処が出雲学園」
「…そうだ」と短く答えた、
タクシーを出て校門に入る直前、
「コイツは持っておけ」 とレコーターを渡された。
それから僕は此処の学校の寮で生活しながら此処の生徒に為った、
此処の人達は意外と個性的だけど何か人に言えない秘必密な謎が多い
昔は成績は良い方だったので、 此処での成績は上位3位に入った

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析