ハーメルン
medarot tue another world 4 medarot tue Fourth contact Code name medarot EX
FILE-05 化

北海道某所の森林地帯、
其処に狐の親子が共に歩いた、其処に何かの視線を感じた、 その一瞬親狐は子狐を庇った。銃声が聞こえたのは同時だった、
撃たれた親狐を心し配そうに子狐は見ている中親狐は何かを言った、 人間の言葉では無いがその意味を全て分かってしまった
密猟者の男性は命中した獲物に近づく、すると頭上から何か落ちて来た、 密猟者は慌てた。何とその人の首に毒蛇が巻き付いたのだ、 密猟者は直ぐに毒蛇を
取ろうとしたが首を絞められた上に噛まれた、 そして密猟者はその毒で問も
無く死亡した。
密猟者に撃たれ死亡した狐の近くに大型大が居た、大はその狐に噛みつく事
はしなかった、 代わりに近くに穴を掘り在る程度の深さに為った所でその狐を入れて埋めた。
死の間際に伝えられた真実、 何とそれは狐では無いその実態は
昔、狐達が偶然何かを見つけた、 その形から直ぐに人間達の物だと言う事が判
明した。
そんな時人間達が落とした謎のカプセルが割れ中から液状の物体が漏れた、
孤達はその場で逃げた。 がその液状の物体は生物達に危害を加える事無く近
くに在った狐の遺体を見つけるとそれ其の物に変化した、
狐に変化した生物はその狐が面倒を見る事を自ら進んだ、
月灯りに照らされ子狐は交空の月を見て吠えた、 その時は人間の姿に。
其れから月日が流れた、
都内某所、
とある雑居ビルの一室で二人の男達が居た、一人は椅子に座り一人は立って
居た。立って居る方の男性は若い方だろうその男性がこう言った、
「苦労して見つけました」 と椅子に座った男性の前にある机の上に二つの
UBS メモリを置いた、
「何故二つた?目当ての物のデータなら一つで済む筈だが?」
「は、はい、 実は何やら気に為るカルテデータがありまして」
椅子に座った男性が二つ在る UBS メモリの内の一つを取って目の前に置い
たノートパソコンに差してデータを調べた、 一つは『インプリンティングスキ
ャン』の図面と記録プログラムのデータが入っていた、 もう一つの方は、 問題
のカルテデータらしく、 その辺については詳しくは無かった、 ただ、 問題は名
前と顔写真だ、
整った顔立ちの少女の写真とその名前は 『二宮純牛』と記載されていた。
それを見た男性は 「でかした」 と喜んだ
「え…と如何言う事でしょうか?」
「『二宮カンパニー』の現社長の二宮響斗に隠し子の噂が在ってな、 誰もがた
だの噂話と想っていた。 だが之でハッキリした、之を口実に奴を脅せる材料が
出来る」
だが二人はまだニ宮零斗は昔つくは市で科学者として研究していた事は知ら
なかった、
その装置も自信の研究を歪めて進めた結果の危険物だと知らない
すると何処からか犬の騒く声が聞にえた。
「うるさい犬だな、 オイっ黙らせてやれ」
「ハイっ」 男性は部屋の外へ向かった
時間が経過して中々戻ってこない事に苛出させている時、
「すいません遅くなりました」
男性達は雑居ビルの外を歩いた
UBS メモリはノートパソコンと一緒にアタッシュケースに入れた、 二人の男
の内一人は上機嫌だ、 しかし一人の脚が止まった時如何したと想ったのか振
り向いた瞬間、
突然手にした拳銃で撃たれた。
撃たれた男性は何故か仰向けに倒れた、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析