ハーメルン
medarot tue another world 5 medarot tue fifth contact Code name medarot ex second
第三章 第七話

ある日の事だった、 八重柏干峰は今日も一人稽古を励んでいた。 父も母もとう
の昔に比処に居ない嘗ては此処に居た筈の姉と彼は此処で稽古をしていた、
私と彼は剣の腕前が上達したのに対し姉は上達しなかった。 そんな姉は剣道
部の人達に因る虐めが相次いだ
そんな在る時、 父は姉に自由にしろっと言って姉は家を出た、 約数年後の事だ、
姉は『システマレイフォース』と呼ばれた半永久機関を開発して学会に発表し
た、
それが原因なのか家族は離れ離れに為った、 家族が誰かに人質にされるのを
危険に感じた。大学側は家族一人一人を何処かへ行かせた
不幸にもシステマレイフォースの中枢の構造やその製去は姉の真保しか知ら
ないのだ、
だから千峰は姉を恨んでいた、 家族を引き裂き、 彼とは別れられた、 あの機械
は希望の光では無い。悪夢の光りた、順わくは全てのシステマレイフォースを
破壊して姉を殺してバラバラに為った家族を戻したい、 あの頃に戻りたいそ
れだけだった。
そんな時、 耳元に嘱かな声が聞こえた。
『…恨みを晴らしたいだろう?」
そんな声が聞こえた
「誰?私に声を掛けるのは?」
『別れた彼に似た奴を殺したい、 でも私達の力では大刀打ち出来ないだから
君の力を貸したい』
千峰の後に何時の間にか変なモノが置かれた、 例えで言うと特撮ヒーローの
変身アイテムだろうか
千峰が其れを手にして腰に付けた、ベルト状のバーッが無機質の接続音が聞
こえた、 その途端、 力が張る。 足元に光りが放った、 千峰の姿が見えなかった
のは其れからだ。
同日出雲市の何処かにある出雲学園菌に向かう一本道、日本海沿いの街は毎年
雪が降りその度に除雪に苦労した、
その道に一台のジープが走っていた、 そのジープは昔は軍が使っていたが、 現
役を終えて払い下げの物を道交法に沿った改装をした、
そのジープは日野が運転している、 助士席には存華が座って居て後の座席に
は柳生と生徒会の一人の矢田が座って居た
「お世話に成ります此処まで世話に成りまして」
「いえ…あの時間でも一人本屋にしかも5冊も参考書を買って運ぼうとしたからさ」
雪が退かされ取り敢えす見えてる道に沿って車が走る途中、 前に誰かが居た
のか急プレーキを掛けた
「何だ?」
「君そんな所に居て危ないだろう?」運転していた日野が怒鳴ったが、 車の前
に居る人は手にした刃を向けた
危険を感じて急バックした。
刃が縦に振った、 一歩遅かったら車の前が斬られたのだろう
車のフロントライトをハイビームに切り替えたら、 刀を手に大鍵を纏った女
性の姿が見えた。
気合いを掛けた叫び声を上げ再び刀を振り上げた
矢田がシープから飛び降りて手にした木刀で挑もうとした
「止せ」車に乗った3人の内誰かが行ったのだろうか。 聞こえなかった、
角度を変えて受け流そうとしたが、 防ききれないのか押されてる、
木刀が弾き飛はされ対抗出来ない矢田の身体に数回叩かれた
「あのやろ」 車のシートに隠してあった拳銃を取り出した。
成味で数発撃ったがそれらを刀で切り落とした
口で拳銃を衝えて銃身の下に付けれてたナイフを外してナイフを両手に持った。
次に振った刀をナイフで受け流して互いの顔を見えた所で模井は動揺した、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析