ハーメルン
medarot tue another world 5 medarot tue fifth contact Code name medarot ex second
第二章 第五話

何日か掛けて妖界の森をやっと抜けた時、 その光景を見た。
何処までも真っ黒な空、 その眼下に広がる光りは街の灯りに似ているが、
「…残り時間は、後十分、 行けるな」
サーガイアは足元の斜面を勢いよく降りた、 斜面を降りた先に在る街は何か
昔の、例えで言うなら戦前の日本の街に似ていた。
眼下の灯りの正体はその街路灯た、
何処までも真っ黒な空の下、 戦前の日本の街に似た街に灯した光りが幻想的
だが、 生活感が無く何処か恐怖が在る、 威圧感が無いのが救いだが
時間を確認した、
「…·午前2時 26分」 サーガイアは札を地面に置いた、
天野神社、鳥居近く。
飛び込んたサクライとサーガイアは頬り出されるように地面に着地した、
二人共上手く着地したようだ、
「また世話に為ったな」
「··いえ、 ああなっては其れしか方法が無いですから」
その理由は否定域、 否定されたモノは立ちいれ無い。 無理に入るとその姿が幻の様に成る、その結果、 メダロットを使わさる負えない
「そうだったな」サクライは手にしたメタライザーの引き金を使いサーガイ
アを転送した、 神社の長い階段を降りた後、 木々に隠しておいたパイクを起こ
して走らせた。
翌日、セラミックハーツの何時ものオペレーションに参加した、生徒会との交
単時の時、流石にオーバードバックは使えないが
だがあの装備は使えた。 そして良く分からない機能も、
この日の戦闘は性能強化のお陰かセラミックハーツが有利に進んだ
一撃、 一撃の威力が大きく相手のメタノイドの装甲に大きく凹んだ。
妖相手に戦っていたサクライはメタノイド相手は何か手応えが無い、 手応え
の無さと相供ってただ自分が何の為に居たのか
この日の戦闘はセラミックハーツの勝利だ、 戦闘の後、サクライはふとある疑
問を感じた。それは一学期の始め頃の時、 身体検査で視力、 聴力にプレが大き
かった。
如何してだが解らないが、 何か加何為ってるのか分からない、
体育の時間で全力で走った時は、 陸上部のエースを超えるスピードで走って
いた。
美術の時間でクラス全員が一つの作品に集中している時は、 隣の子の小声がこえて来た、だが遠くが見えない事が遭ったり、一寸した段差で転びそうに
為った事もあった。
数日後、
出雲市に在る模型店では売って無い部品が西出雲駅の周辺の街に模型店が在
るのでサクライはバイクでいく事に為った
話を戻せは前日、 セラミックハーッのアジトでサクライはサーガイアの強化
装備の問題点が重量増加をバーニアの強化で補ったが連装ガトリングと連装
ライフルの追加弾装で姿勢制御の慣性モーメントにクセが付いてた、その間
題点を見て祐梨は其処の模型店を紹介してくれた。
本人日く、
『其処の店の人であたしの機体を調整してくれたの』
現在祐梨のメタノイド『エアロバスター』は市販の1.5 倍の性能を持ってる
が、『MPA-08R」』『スカイブラスター』には及はない、 店の近くでバイクを降
りて店内に入ろうとしたが。 店のガラス越しに客が店員に何かを衝く様な動
きをした、 直後店員が倒れ客がカウンターに置いて在る物を取って店を出る
様に逃げた。何だと思いサクライが店に入ると中で店員が血を流して倒れた、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析