ハーメルン
東人剣遊奇譚
第11話 炎の奪還劇



 ダリアスの領主ダイアラスはその晩、一秒も寝付けなかった。
 原因は一人の傭兵剣士の行方を掴めなかった事にある。
 最初はすべて計画通りだったのだ。慌てて逃げ帰った『混じりもの』の王女を首尾よく捕えて、残りもほぼ監禁した。一人使用人が逃げたのは部下の怠慢だが、それぐらいは寛大な精神で赦してやるつもりだった。
 あとは素性の知れない傭兵の若造をギルドの手で始末すれば、全てが上手くいくはずだった。なのに傭兵ギルドは血の海だ。
 協力者の支部長ゲドも行方知れず。ギルドがあの様子ではおそらく死んだのだろう。そして生き残りの話では剣士は金だけ奪ってどこかに消えた。金が目的の傭兵なら放置すれば十分。どうせ誰も話を聞きはしない。
 そのまま金を持って街から出て行ってくれれば良いが門衛からの情報は無い。きっとまだ街に潜伏しているに違いない。
 ただの傭兵の若造一人恐れる理由など無いはずなのに、奴を見た時から今もずっと首筋の寒気が消えない。どれだけ酒を飲み、温かい物を食べても寒さは止まる事が無かった。

「もうすぐ夜が明ける」

 あの傭兵が王女を奪い返しに来ると予想して、館の兵には寝ずの番で警戒に当たらせたが、どうやら杞憂だったらしい。
 よくよく考えなおせばただの傭兵が領主に敵対してまで王女に義理立てするはずがない。相手は命を惜しむ金目当ての傭兵だ。ほとほりを冷ましてから大金を抱えて街を出ていく。そうだ、そうに違いない。
 ようやくダイアラスは晴れやかな気分になった。こんな気分はここ数年味わった事が無い。
 彼はベッドから這い出て、素晴らしい夜明けを眺めるために寝室の隣のバルコニーへ出た。
 外はまだ昏く、夜の冷気が身に染みる。しかしそれが心地よく、首に残る寒気を覆い隠してくれた。
 清々しい勝利の余韻に浸るダイアラスは、ふと嗅覚を刺激する臭いに気付いた。下から上へと昇るそれは、嗅いだ事のある臭い。

「はて、焦げ臭いな。風向きがいつもと違うのか」

 臭いは薪が燃える臭いに似ている。きっとパン屋が竈を温めているのだ、そうに違いない。
 呑気に朝食のパンに思いを馳せていたダイアラスだったが、次第に臭いどころか目に染みるほどの煙が昇ってきているのに気付いて焦り、慌てて手すりから身を乗り出して周囲を見渡すと、屋敷の近くの家が派手に燃えていた。

「火事だー!!」

 悲鳴に気付いた周辺では住民達が慌てて逃げ出し、中には水桶を持って必死に消火作業に当たる者もいた。

「まったく。せっかく私が良い気分になっていたというのに無粋な」

 ダイアラスにとって館から離れていて延焼の心配も無い平民の家が一軒燃えた程度、少し派手な焚火でしかない。そんな些事で気分を害す平民など焼け死んだところで構わなかった。
 問題は時間が経つにつれて、燃える家屋が増えている事だ。一つ、二つと増えていき、今では眼下に五軒の火事が確認出来た。こうなると区画全体が延焼する危険性を孕んでくる。
 呆然とするダイアラスは、けたたましく扉を叩く音で我に返った。
 扉を開けると家臣の一人が血相変えて報告した。

「お休みのところ申し訳ありません!ただいま街のあちこちで火の手が上がりました。住民から領主様の兵を救援に向かわせてほしいと嘆願が来ております!」

「―――――ええい、分かった!但し、客人の護衛にそれなりの数は残しておけ!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析