ハーメルン
メダロットエクスセカンド二蒼間
第二章、最終話、 故郷の地を踏み得す。

中央島の上空が其処だけおかしくなった
其れを見た人も動揺が隠せない、 書く前はこんな事が無かった。
更に異変が表面化した、
普通の人間には見え難い人魂がハッキリ見えた
微かに光る筈の人魂がそうに見えない、 その理由は直ぐ移った行動に意味が
在る。
人魂が近くに落ちてる物や人魂同士が集まりだして何かの形に為って来た
大きさは 1m 以上、 黒い外装に白い関節とロボットアニメのロボットの配色
を逆にした様な感しだ
幽霊がメタロットを模倣している、 そんな声が聞こえた
メタユウレイの右腕のオートマトンの機銃が人に向けて撃とうとした。
がその機銃が吹き飛んだのは同時た、 5機のメタロットが出て来て、 数体のメ
タモドキがそれを迎え撃った
この手の戦争モノのフィクションでよく有り勝ちなのは
『数任せ』
その言葉に相応しいかの様に、 次から次へと沸いて来る
模井達だけでなく島に居た人達も加勢してくれた。 皆極有り触れた物を武器
にして応戦を始めた、
多くの人達が撃たれ斬られて死んでいった
多くのメタモドキが集まる場所が在った
その扉が何やら怪しいのはその奥にそんな気配を感じたからだ。
問題の扉の近く、 位置的には物影から扉を見る位置だ、
「…正面突破は難しそうだな」
「だが他に道は有るの?」
「…流石に其れは無い様です」
「之しか使いようが無いな」
義信は自信のメタロットにオーバードバックの転送を開始した。
「コイッと祭君のメタランチャーの砲撃で正面から無理矢理突破口を開く」
ウォーバニットの背中に幾っかに分割した装置の様なオーバードパックが転
送された。
敵から見て正面の辺りにウォーバニットが立つと同時に装置が展開を開始し
た、
その間にサーガイアが援護を行った。
背中の基部を視点に機関部が垂直から水平に向きが変わり、
機関部側面に取り付けられた専用のアームを用いて、
専用のアームで保持された砲身が機関部と接続。
続いて専用のアームや棒状のパーツが地面に触れると同時に、
金属の抗が地面に撃ち込まれた。
機関部からエネルギーが注がれる。
だがメダロット本体からのエネルギーでは足りない、 仮に起動出来ても直ぐ
にエネルギー切れを起こしてしまうだろう。
之を可能にする為に MF ドライプやメダルにリミッターを外す為に一種のハ
ッキングを掛ける。
人で言う所の酒を飲酒して精神に一種の異常を来たした状態に為ってる。
次に砲身からエネルギーが供給される。
供給量が一定に達した時、 味方が退避したと同時に破弾が発射された。
次にメダランチャーが立て続けに聴撃をかました。
音音と煙で辺りは煙に包まれたが。少し時間が立った後、 煙がはれ始めた。
多くのメタユウレイの取り着いた物の僅かな残骸と大きな穴しか無い。
あの時のオーバードパックの砲撃とメダランチャーの砲撃を受けた結果だろ
う。
この攻撃の後、日野のウォーバニットは機能不全に陥った、 エネルギーの消耗
が激し過ぎた上に冷却機能に深刻な問題が発生したのだろう。
その奥に向かった。
入り口からの僅かな光を覗いて殆どが真っ暗だった。
黄金の装飾品が彼方此方に置かれたが、 この暗さでは金色の美しさは意味を

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析